摂理の名古屋嬢たちが、摂理はカルト宗教なのか検証してみた

こんにちは、摂理の名古屋嬢ブログ管理人のそるです^^

これまでたくさんの名古屋の摂理女性メンバーの記事がブログで書かれてきましたが、
そもそも、みなさんは、摂理についてどのようなイメージをお持ちでしょうか?
巷では「カルト宗教」と言われたり言われなかったりしているようですが…

◎マインドコントロールをされて入信させられるんじゃないの?
◎強制的に入信させられて、束縛されそう…
◎怪しい勧誘の仕方してるんでしょ?

… なんだかネガティブなイメージばかりですね^ ^;
しかしこのような疑問を持たれている方は、多いのではないでしょうか?

では実際はどうなのか?

何人かの摂理の名古屋嬢ブロガーたちが集って、改めてこの問題を考えてみました。
最終的に、どのような判断をするのかは、個人の自由です。
けれども、私たちの声も聞いてほしい。
この記事が、摂理を知る上で、何かお役に立てれば幸いです。

「カルト」の意味について

こんにちは!おたあです(^^)
摂理はカルト宗教なのか?」と、疑問に思われている方々がいらっしゃると思います。そもそもカルトって何?摂理は当てはまるの?

おたあが調べたものをレポートしますぞ…🤗

まず「カルト」という言葉。巷でよく使われていますが、実はその定義は、定まっていないといえるでしょう…🤔時代によって、国によって、立場によって、都合よく使われているように見受けられます。

もともとは、「祭礼儀式」を意味するのだそうで、否定的な意味はなかったのです…!参考に調べてみると…

「ある人、事物に対する熱狂的崇拝。また、そのような人々の集団。特に、少数で組織される狂信的宗教集団。転じて、邪教の意でも用いられる」(日本国語大辞典)

悪しき集団であることを明確にするために用いられる通俗用語である」(Wikipedia)

と書いてあります。

 「狂信的」「邪教」「悪しき」…。世の中では、このようなイメージをカルト集団の特徴として捉えがちなのではないでしょうか。

  • 「狂信的」とあるように、平常心や理性を失った状態で信じ込まされている人たちなんでしょ
  • 「邪教」「悪しき集団」ともいうように、誤った教義を持ち、世に害毒を流す宗教団体なのかも…(実は、そもそも「邪教」という言葉自体、その宗教に反対する立場の人が使う語なので、定まった基準はありません)

(ぎゃー泣…文字だけ見ると、なんか恐ろしい…汗)

 残念ながら、摂理が「カルト宗教」と言われてしまう所以は、実態を知る者としては、このようなイメージ先行によるものが大きいと思わざるを得ません…(゚◇゚)ガーンガーン…

 「果たして本当にそうなのか…!?」

 摂理が、実際はどのような団体なのか…私がいま、ここで一言で説明して解決できるものではございません…!(おい!)

でも!だからこそですね!

この「摂理の名古屋嬢ブログ」の記事を、みなさまに読んで頂きたいのです☆

平常心や理性失ってる?世に害を与えている…?おかしな団体なの…?

この「名古屋嬢ブログ」を読めば、一目瞭然です☆

摂理の会員たちの、個性通りに綴られる、楽しい記事たちをぜひ御覧ください♪

それでは、続けて「新興宗教」について、おたあが書いてみたいと思います♪

「新興宗教」とは?(おたあ)

さて、次のキーワードは「新興宗教」です🤗

このワードを聞いただけで「あ、怪しい…」と思った方はおりますか?今回の題名のような疑問を持ったことがある人もいるかと思います。また、カルトと新興宗教を混同させて考えている方いらっしゃるかと思います。新興宗教=カルトなの?みたいな。摂理はカルト?新興宗教?などの疑問のお答えになればと思います(^^)/

「カルト」の定義については、先の記事を御覧ください。「カルト」は、「言ってしまえば、時代や社会や立場などによって、都合良く使われてきた言葉。はっきりとした定義はないのです汗(ざっくり言えば、「狂信的な悪しき集団」…みたいな)

(※「カルト」に関連して、「異端」という言葉を思い浮かべる方もいらっしゃるかと思います。「異端」については、こちら(「摂理って、異端なの?」)で触れておりますので、よろしければどうぞ(^^)/)

 

では!「新興宗教」とは、

「既成宗教に対して、新しく興った宗教。日本ではおもに第二次世界大戦後、全国的に教勢を拡大した宗教をさすことが多い。」(日本国語大辞典)

したがって、必ずしも「カルト宗教=新興宗教」という訳でもないのですね…!そして「新興宗教」自体は、悪質な意味を持つ言葉ではありません

摂理は、鄭明析牧師が1945年に生まれ、幼少時代から修道生活の中で熱心に聖書を学び、1978年から福音を宣べ伝えるようになりました。ですので、先ほどの辞書的には、新興宗教ともいえます。

ただ!ここで押さえておきたいのは、摂理の教理は、鄭牧師ご自身の独断と偏見に拠るものではないということです。必ず、『聖書』に基づいているということです。旧約聖書・新約聖書ともに、なんと二千回以上も(!?)通読されております

聖書の中には、文字通りに読むと、科学的に理解しがたい表現がいくつかあります(「魚を釣ったら銀貨をくわえている」とか「日がとどまる」などなど…)。

文字通り信じると奇想天外すぎて(笑)「聖書なんて自分たちの実生活には何の関わりもなさそう…」なんて思えてしまう。お金が無くなったら、魚を釣れば解決するのか…!なんて😂そんな、理解しがたい話も、どういうことなのか、わかりやすく教えてくださるのです。

例えば!摂理のメンバーが、聖書の話をわかりやすくアニメにしてくれたものが、こちらです🤗(By MiKさん☆MiKさんのサイト『光のアトリエ』もぜひ☆)

ぜひ御覧ください!

 

聖書の話は、矛盾のない、理に適った、当たり前と言えば当たり前の話だったのです。聖書の中には、突拍子もない、現実味のない話はありませんでした。

だから、自分自身の人生にも繋げて考えやすくなったです。それゆえ、若い信徒も増えていっているものと思います(私自身も、摂理についていくようになったのは23歳。大学院生の頃でした)。聖書が何千年もの時を経て、読み継がれるべき偉大な本であると、鄭牧師の御言葉を聞いて初めて思えたんです(ちなみに私、摂理に出会う前はコテコテの仏教マニアでした、仏像loveでした)。

鄭牧師の仰る言葉のひとつ「ただ神様」。鄭牧師の言葉や行いを見ていると、「会員たちの心を自分に向かわせよう…」とか「自分が栄光を受けよう…」だとか、そんな風には一切思わせない。というか一切‼思っておられない。ただただ、御言葉を通して、ご自身の行いを通して、唯一なる神様について、ハッキリと正確に、人々に伝えたい!という、ひたむきな精神だけです。鄭牧師のおかげで、神様について新しく「知る」ことができました

年数的には「新興宗教」の類に入る摂理です。しかし、この「新しさ」というのは、ただ年数的なものだけではなく、「神様についてハッキリとした観を与える」という点で、群を抜いていると、おたあは個人的に思っているのです。

読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

摂理で売りつけられたもの(Marie)


摂理では、何か商品を売りつけられたりするのか……!?

これ、結構気になる方いるのかも。米国駐在妻・Marieの体験をお伝えしますね。

 

15年ほど前、私が摂理のメンバーに出会い、

聖書について教えてもらうようになったとき、

ふと気が付いたことがありました。

それは、多くの方が翡翠(ひすい)のネックレスをしている、ということ。

深い緑色でキラキラしていて、普通に素敵だな~と思いましたが、

それにしても似たようなネックレスをしている人が多くて。

え、もしかして、このまま学んでいったらいつか買いなさいって言われるのかな…?

と思ってちょっと焦りました。

翡翠よりは、サファイヤの方が好きだな、とかも考えました。 笑

 

高額商品を売りつけられたら、もうそれまでの関係にしよう、

いいところは学べばいいんだし、と割り切って続けて聖書の勉強を教えてもらいました。

 

しかし、いくら続けて教えてもらっても、

そのネックレスについて勧められることはなかったんです!!!

 

だから、逆に聞きました! 笑

「みんな翡翠のネックレスしてるから、私も買わないといけないのでしょうか?」

そしたら、大爆笑されまして。(;´∀`)A

そのネックレスは、御言葉を教えてくださる牧師先生がお土産にくださったものだそうです。

そんな大勢にお土産くださるなんて、なんて紳士的!!♡

 

買わされたものではなく、むしろ贈られたものだったんですね…

あの時は、誤解していてごめんなさい… m(__)m

 

そしてその後、聖書についてさらに深い内容を学ぶようになったのですが、

ひとつだけ、買うことを強く勧められたのです!

それは…

 

 

聖書。 Σ( ̄ロ ̄lll) !!!

いや、当たり前ですよね。学校でも、教科書買いなさいって言われますし。

 

それ以外には、何も金銭を要求されることなく、ここまできました。

じゃあ献金とかどうなのよ?って思われる方もいらっしゃるのかもしれませんが、そのことはまた別の記事で書こうと思います。

摂理で売りつけてきたもの、それは何もなかった!という巻でした ( ´∀` )♡ 

まったく気にしなくていい疑問でしたね♡ v( ̄Д ̄)v イエイ

摂理にハマると社会性がなくなるのか?(リリー)

「宗教にハマると、社会から切り離されて視野も狭まるから世間知らずになるんでしょ?」

そう思っている
そこのあなた!
巷では「カルト宗教」と言われる
摂理にハマってしまった助産師リリー
実体験に基づいて
暴露しますッ

私は昔から
アニメや漫画が大好き
(鉄コン筋クリートやシャーマンキング、ソウルイーター、進撃の巨人、東京喰種 etc…)
それ故、Twitterのフォロワーも
ほとんどがアニメや漫画関係ばかりでした。

特に少年漫画や青年漫画が好きで
アクションシーン
流血シーンのある作品を好む傾向
リツイートするのは
神絵師と呼ばれる方々が描いた
絵や漫画が多かったです。

勿論

ニュースや政治には全く関心無し!

ニュースを見るぐらいなら
録り貯めしまくったアニメを見る
それが当たり前でした

選挙権があっても
選挙があると知っていても
選挙に行かないことが普通でした

しかし、私が
摂理という「宗教」にハマってしまった後…

一体どうなってしまったかというと…

アニメを見るよりも
ニュースを好んで見るようになってしまいました( ̄∇ ̄)

牧師先生も、御言葉の中で「ニュースをみなさい」と頻繁におっしゃいますし(実際、牧師先生はかなり博識です…)。
社会の動きが気になるようになって
Twitterのフォロワーは
政治家や新聞社ばかり。

そのせいで
自分で調べたわけでもないのに
毎日新聞が福祉系の発信が多いことや
読売新聞よりも朝日新聞がリベラルだということを
自然と体感的に覚えてしまいました

また愛知県民なのに
東京都知事選で誰に投票するかを考え
選挙結果を固唾を飲んで見守ってしまいました

最近は
政治に詳しい家出少女あずきちゃんから
教えてもらったドキュメンタリー
「なぜ君は総理大臣になれないのか」を見て
大感動&大号泣…

リツイートするツイートは
国会中継の動画ツイートばかり
それぞれの政党の方針や立場を調べるようになり
様々なメディアから情報収集するようになりました

勿論
アニメや漫画も
今でも好きですが
社会問題を題材にした作品を好むようになった気がします。

ここ数年では、自分自身も何か世の中に働きかけたいという思いから、社会問題を題材にしたアニメ作品も制作しています!

公式サイト オヤビンとコブンー社会問題と向き合うー

神様が創造された世界で平和が成されるよう
に、願いを込めて制作していますので、よろしければご覧ください^^

摂理の鄭明析先生について(おたあ)

最後に、摂理の総裁である鄭明析牧師について、おたあがお話しましょう。

摂理…といって、よく取りだされてきてしまったのは、創始者である鄭明析牧師が、女性を暴行したという罪で濡れ衣を着せられ、懲役10年の刑を受けたことです。

摂理に対して反対する集団によって強引な告訴が続き、マスコミによって叩かれましたが、もうすでに、冤罪であると証明されております。
訴えてきた女性は嘘の証言をしたことを認めているし、2017年9月には、鄭牧師関連の捜査がすべて「嫌疑なし」で決定したと、政経ニュースで報道されています(参考:秋本彩乃『命の道を行く 鄭明析氏の歩んだ道』(パレード、2019年))。

鄭牧師は10年のその期間をどのように過ごしていたのでしょうか。
獄から手紙を書き続けたのです。そして、続けて祈りました。
ついてくる弟子たちのために。
また、人類のために。

一坪ほどの閉鎖された部屋です。
夏は酷暑、冬は極寒です。
受刑者の中には、その過酷な環境ゆえに精神を病む人もおり、
そういった人たちの叫び声も聞こえます。
普通の人なら、1日ですら居られないでしょう。
そこから、この患難に負けることなく、絶やさずに御言葉を書き送りました。

しかし、椅子と机があったわけではありません。
この狭い空間で正座をし、床を机にして書きました(私も一度、正座をして鄭牧師の送ってくださった御言葉を書き写す体験をしましたが、足がしびれる、頭に血が上る…5分もやってられなかった…。5分じゃ大したことはかけません汗)。

地獄のようなその環境で、「神様を愛すること」について、希望的な言葉を発信し続けました。

人々の救いのため、神様の喜びのためです。
73カ国もの人々の心を掴むような言葉が、犯罪者から出てくるでしょうか。
今この文章を書く私も、その獄中から送られてきた御言葉に感銘を受け、伝道されたひとりです。

※鄭牧師の御言葉については、ぜひこちら(キリスト教福音宣教会礼拝の聖書メッセージ)も、御覧くださいね☆

このように、創始者鄭牧師が、ひたむきに神様を愛して健気に生きる人であり、その方の言葉を大切にして生きる団体であるから…

ほーんとに、マインドコントロールすると思います?
家族や世間から引き離すと思います?
高額なお金を巻き上げると思います?…笑。

マスコミや世間の噂に流されるのは簡単です。
けれども、実際の生や姿がどのようだったのか?
その真実な姿を通して、摂理がどのような場所なのか、ご判断して頂きたいなと思う次第です。

※ここで私が書いた内容は、ほんの一部分に過ぎません…汗!!鄭牧師の生き方やその魅力については、こちら(鄭明析牧師の生涯)も、ぜひ御覧ください☆

最後に

いかがだったでしょうか?ここまで「摂理がカルト宗教なのか」、名古屋の摂理女性で様々に綴ってまいりました。

どれも、実際に摂理を走る者たちの「真実な声」です!

現代のネット上のあらゆる営みの中で、「真実な姿」を見つけ出すのは、ある意味困難な事であろうと思います。このブログを読んで、摂理に対する疑問が少しでも解かれたのなら、幸いです。

私たちは、世の中で叩かれるような、ネガティブな生活はしておりません。

鄭牧師から御言葉を学びながら、ただ神様の願いを追求するのみです☆


ABOUTこの記事をかいた人

このブログのしがない管理人。生まれも育ちも名古屋で、人生で何度も県外「脱出」を試みるも失敗を繰り返す。「もう名古屋でいいか」と最近は悟りの域に入っている。