「時」を知ったキセキ! by Heidi

わたしが鄭明析牧師が語る御言葉を聞くようになって、
変わったことを考えてみると、
ものすごい多いことに気づきます。
そのひとつが
「時」を知るようになったことです。
今この時が、
6000年の神様が導く人類の歴史の中で、
どういう「時」を迎えたのかが分かります。
いまわたしはすごい告白をしたと思います。
ドラえもんの道具でもわからないことが、分かるんです。
すべて御言葉で教えてもらい、学んだから、知っているのですが、
そのこと自体が奇跡だと思います。
いまこの文章をうちながらも、
「ああ、なんてすごい事を学んだんだ」と感嘆します。
だから絶対手放せません。
わたしは、御言葉を学ぶまで、あまりにも知らず、分からないで生きていました。
高いところに登ると、低いところがよく見えるように、
いまは高いところにあるものを学んだので、以前の自分が非常に分からないで生きたことが分かります。
以前のわたしは、
刹那主義に近かったです。
過去や未来を考えると、途方もないのが分かって、
考え出すとごちゃごちゃして、逆にわからなくなるから、
「今」をとりあえず生きよう!
とかいう考え方でした。。。
正しくいうと、そういう考え方しかできませんでした。
目標や夢をもちながらも、
どこかで未来に対する不安や、
先が見えない将来に漠然とした恐れも抱きながら、
「大丈夫」とごまかして生活していました。
高校生のとき、防災グッズかなにかのニュースをテーマにとりあげて、
こんな文章を書いたことがありました。
「わたしはいま目の前の宿題や片付けるべき問題が多すぎて、
これからわたしの人生に来るかどうかも定かではない災害について、
あれこれ考えて、防災のためのグッズを取り揃えて、、、
とか行動している余裕がありません。。。」
とか書いて、
先生に提出し、
(笑)マークをつけられて返却されたのを覚えています。
でも今は鄭明析牧師の御言葉に出会い、
いまの時代、
もっというと、2015年がどういう年で、
何をすべきなのかが分かるようになりました。
鄭明析牧師が、「時」がわからないことが恐ろしい、と教えてくださいました。
ほんとにそうです。
明日試験日だということをしらずにテストを受けたら散々な目にあいます。
そんなささいな事柄でさえそうなのに、
ましてや、神様が行なわれている「時」を知らずに迎えたら、大変なことになります。
だから、みなさんに鄭明析牧師の御言葉を聞いてください、と伝えたいです。
「時」を知らずに生きたら、何をすべきかわからずに生きます。。。
試験日がわかったら勉強して、その日を迎えるように、
神様の「時」を知らずに生きたら、
すべきでないことを一生懸命して人生を終えることになります。
わたしもその運命にあったところから救われました。
いまは、この先神様が導く、1000年先も見つめながら、
「今」を生きているから、
自分でも驚きます。
もはや自分個人の人生とは言いがたいです。
尊く生きれるようにしてくださったことに本当に感謝します。
神様がどのように働かれているか知っている方、
「正確に」分かって伝えてくださる方に出会えたことに、
一生感謝しても感謝しきれません。
以下鄭明析牧師の御言葉を紹介します。
鄭明析牧師の箴言
●「この時代の神様の御心」を知る人だけが、分かって喜んで生きていく。
● 病人が横になって意識を失って生きていけば、健康な人たちがどれほど得て享受して生きるのか分からない。
まさに「病人」だったわたしは、
鄭明析牧師の御言葉で「健康」になったことを証します!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です