御言葉のひそかな恵み〜「空き家」の喩えより〜byエステル

川越の蔵造り

ハレルヤ! 摂理の名古屋嬢、エステルです☆

異動が影響し、久々の更新となってしまいました。

そして、なんと、私の担当は、今日本の建築業界の中で最も旬な「空き家」になりました!!

「空家等対策の推進に関する特別措置法」が、 平成27年2月26日にが一部施行され、5月26日に完全施行されます! 異動先が決定したのは3月17日、その次の主日の鄭明析先生の御言葉で、なななんと、初めて空き家の喩えが宣布されました!!

 

私御子は<考え>を通して祝福も与え、予告もしてあげ、将来のことも話してあげ、引き上げの答えも与え、愛もしてあげ、警告もしてあげるけれども、<考え>を奪われて、<考え>がほかのところに傾いていたら、主人のいない家を同じで、心情を痛めつけられてそのまま帰ってくる。 だから<考え>を奪われるな。<考え>を奪われることは「一種の死」だ。<考え>を奪われたら、「肉体だけがある空き家」だ。

(2015年3月22日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

 

アーメン! 今、法整備による日本の空き家対策の流れは「除却」か「利活用」か。

(※空き家になると家はぼろぼろ、草は生え放題。その影響で、景観や虫等の衛生面の問題、犯罪等の危険性の問題が生じ、自分だけでなく周りに及ぼす影響が大きく、かなり問題視されています。霊的に考えてもとても深い…。)

 

自分自身を空き家にしないように、瞬間空き家になっても利活用されるように、主の帆を立て、考えをおさめ、勝利していきます!!!

それにしても、鄭明析先生の御言葉と社会の流れはぴったりすぎて、感激です!

そして、自分の仕事も御心を感じ、本当に感謝です!

いつも御言葉をとおして、何にも変えられない恵みを、力を、与えてくださる聖三位と鄭明析先生に感謝します(^^)

命の帆

写真(上):川越重要伝統的建造物群保存地区

写真(下):Mannam&Daehwa URL:http://god21.net


ABOUTこの記事をかいた人

7回目の挑戦にて、見事一級建築士に合格!!!聖殿建築で神様に使われることを切望しながら、日本の都市計画を神様の願う都市計画にしたいと願いながら、毎日生き生き生活しています☆