摂理 新米ママ 出産日記☆1月1日 by shinano

出産から約20日経ち体調も安定してきたので出産&育児日記をぼちぼち書いていこうと思います(*^◯^*)
昨日母親が兄を産んだ時の育児日記を見せてもらって、感動&笑でした。(3人目ということもあり私のものはありませんでしたが(^◇^;))
鄭明析先生が『忘れないよう記録しなさい』と仰ったように、また今週の御言葉の『忘れたら死ぬ』というように、忘れてしまったらその時のリアルな感動や大変さ、思い出も死んでしまうと思い、忘れないうちに書いていこうと決心しました^ ^
予定日は元旦!ということで12月下旬には「もしやイエス様と同じ誕生日では⁉︎」と25日が近づくとソワソワしていましたが一向に気配がなく…毎日雑巾がけとスクワットをする日々(お産が進むらしい)
そして何事もなく年を越し、予定日の1月1日に。明け方のお祈りを済ませて3時に床につきました。
うとうとし始めると、あれ?なんかお腹が痛い…もしやこれが陣痛⁉︎でも10分間隔で規則的に来ないと入院にはならないのでまだまだかなと思っていたところ、破水!旦那に「キター‼︎」と叫ぶ私。
いよいよか!と嬉しい気持ちもあり緊張もありワタワタしながら病院へ。(破水したら胎児の感染予防のため即入院になります)
しかしDrに内診してもらうと赤ちゃんの出口は1センチくらいしか開いておらず…出産直前には10センチまでなるので2〜3センチは開いていてほしいところσ(^_^;)
破水によって進む可能性もあるので午後まで様子を見ることに。陣痛もほとんどなく早くきてくれーと祈りつつ全然寝ていなかったので午前中少し寝ようと思いましたがあまり眠れませんでした(O_O)
そして午後になりましたが変化なく、赤ちゃんの出口を広げる処置をすることに。これが第1の試練となりました…
ラミナリアといって海藻でできた綿棒のようなものを使うんですが、それがだんだん水分を含んで1センチくらいになって出口を広げるんですが、それを13本‼︎(O_O)
入れる時の痛みといったら…普段取り乱さない方の私でさえ「痛い〜‼︎」と悶絶。でもおじいちゃんDrは「お産はこんなもんじゃないよ(笑)」と(◎_◎;)‼︎
今となってはその通り!と思うけどほんと痛かった〜>_<部屋に帰って「ラミナリアめ〜(~_~;)」とつぶやいていました。。 この処置で陣痛が始まる可能性もあるとのことで次の日まで様子を見ることに。 そしてこの日の夕食はなんと韓国料理‼︎韓国料理が出たのは約1週間の入院でこの時だけでした! 鄭明析先生も自分は充分に食べられない状況でも、弟子たちにいつも食事の心配をして用意して下さるように、出産直前の夕食だったので先生が応援してくれている!(≧∇≦)と恵みを受け美味しくいただきました この病院はお値段もいいだけあって料理も料亭並においしく、出産後はお祝い膳といってフランス料理のフルコースもいただきました!また写真載せますね 1/1昼食はおせち料理♡
(昼食はおせち料理でした♡)
夕食を食べてウトウトしていると、陣痛が20分毎くらいに来ました!
初産でも早い人は数時間で産まれるから元旦産まれになるかな⁉︎とちょっと期待。
しかしこの後、そんなことを考える余裕もなくなる程の1月2日を迎えます…
続きはまた次回✨


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です