ちょっと待った-2

摂理の名古屋嬢MiKでございます☆

↑これ、今週の主日の御言葉をイラストにしたもの。
状況を説明すると、
「男の子が財布を公衆電話の上に忘れ、それを神様が気づかせてあげている」
というシーンです!

 

さてさて、元となった今週の御言葉、主題は、

 

「ちょっと待った!」

 

…って聞いてもよく分からないですよね。
鄭明析先生は御言葉の中でこうおっしゃいました。

 

「自分のすべきこと」を忘れたときは、御子は「ちょっと待った!」と言って思い出させ悟らせてくださいます。
また「一つのことだけを考えて行なう人」は問題を起こすから、御子は「ちょっと待った!」と言って止めてくださいます。
(摂理 鄭明析牧師 2015年1月11日 主日の御言葉)

 

今週、私も神様からの「ちょっと待った!」をたくさん感じました。

 

「ちょっと待った!」と霊感が来るか、声が聞こえるか、万物で見えたら、早速悟って、やっていたことをやめて、正して、行なわなければなりません。
(摂理 鄭明析牧師 2015年1月11日 主日の御言葉)

 

神様の声は、はっきり聞こえるわけではないけれど、心で感じたり、万物を見て感じたりします。
もし心に何か「ちょっと待った!」という感動がきた時、またはそういうメッセージを感じる万物を見た時…

立ち止まって振り返ってみたら、神様からのメッセージが見付かるかも知れません☆

…どうでもいいけど、フリーハンドで公衆電話描くの、けっこう大変でした笑

 

MiK