おにぎりの作り方。in America☆

 

アメリカ人から、ライスボール(おにぎり)ってどうやって作るの?と結構聞かれます。

最初に聞かれたときは、
ご飯を炊いて、ボールみたいに握ればいいんだよって話しましたが、
おいおい話しを聞いてみると、それではかなり不十分だったことが判明
 
まずはね、アメリカでは、様々な種類の米が売っています。
世界各国の米ですね。
だから、まず、どのお米を選べばいいかを伝えないといけない。
 
スティッキーライス、という種類になります。
Japanese Rice や、Korean Rice といった表記があれば間違いなし。
 
おにぎりにするためには、粘度が必要ですが、
そのために何かを加えているの?っていう質問も何度か聞かれました。
なんも入れないですよね。お米の種類によるのです。
 
 
日本人なら、共通の事項がたくさんあるので
お米を炊いてにぎるだけ、という一言で済んでしまいますが、
 
アメリカ人に説明するとなると
・米の種類の選び方
・お米の炊き方(相手が持っている調理器具による)
・冷めるのを待つこと。(熱いまま握ったらやけどするよ。と教える。)
・握り方(どんな手つきで。力加減とか。)
・味付けの方法
・ノリの売ってる場所
 
。。。と、教えることがたくさんあるんですよ。
 

相手の立場にならなければ、教えることができない。

 
おにぎり、という存在が自分にあまりに身近すぎて、説明するのが難しかったです。
 
 
これと同じく。。。 ちょっと飛躍する話にはなるんですが ↓

 
キリスト教のベースが全くない日本人
日本人に聖書について教え、
さらに今の時代の歴史について教えて悟れるように導く、ということが、
どれだけすごいのかっ!!!
 
キリスト教徒が人口の1%に満たない国、日本。
クリスチャンの文化は受け入れても、その背景は知らない日本人。
 
こんな私たちが、聖書を学び、神様を知り、信仰を持って生きていく…。
御業のすごさを感じるしかありません…!!!
 
 
教えるということを通して、教えてくださる方の心情を垣間見た体験でした!( ´∀` )
 
それにしても、おにぎりはご飯にもおやつにもなるし最高ですねv( ´∀` )v♡
 
 
 

ABOUTこの記事をかいた人

外資系勤務を経て摂理で結婚。アメリカで駐在妻生活5年を経て、帰国。3人の子育てママとして、暮らしの中の出来事を書いていきます♡