算数技能検定に合格! 摂理で子育て♡

2022年、明けましておめでとうございます。

今年は、トラ年ですね~。
春には日本に完全帰国の予定のMarie一家です。
 
我が家には、小学生の娘と息子がいます。
平日は、アメリカの現地学校(英語)に通いながら、
毎週土曜日は、もっと大きい都市にある日本語補習校に通っています。
 
その日本語補習校では、日本語で国語と算数を勉強します
その都度、読書作文コンクールやポスターを応募したり、
漢字検定、算数検定なども受けることができます。
 
去年、初めて算数技能検定を受けてみました。
日本語のテストに慣れてもらおうと思ったからです。
 
しかし、検定を受けるまでが大変でした…(;^_^A
 
日本とアメリカで、算数の教え方が違うので、
式を書きなさいというときに、数字の順番が反対になってしまうこともあったし、
そもそも日本語を読むのが得意ではないので、文章問題を理解するのが難しい…
というか、日本の小学生だったとしても、文章が長くてすぐには理解できない問題もあります。
 
毎日、現地学校の宿題もしながら、
習い事にも通い、
日本語補習校の宿題もして、
さらに、検定用に過去問やら練習問題に取り組む…。Σ( ̄ロ ̄lll)
しかも、私のそばにはちびっこ(次女1才)がいます… oh, my…
 
子供たちも頑張った、というのは言わなくてもなんですが、
かーちゃんもかなり頑張りましたよ。
 
 
練習しながら子供たちに言い聞かせたこと。
   ↓
・問題を解いたなら、もう一度確認すること。
・答えを書く場所を間違えないようにすること。
・分からなくても、最後まで取り組むこと。
 
検定当日はそばにいることもできないので、本人ができるように導くのが難しかったです。
 
本人が自ら取り組むこと、これは摂理でもとても大切にしていることです。
神様が、私たち自ら行うことを喜んでくださるからです♡
 
検定を終えて、自己採点してみたところ、
2人とも合格ライン!
あとは、結果を数週間待ちました。
 
 
その後、日本語補習校から結果をもらいました。
2人とも、無事に合格!
長女は満点合格でした。
練習のときは満点取ったことなかったから、本番に強いのかしら♡
長男も、難しい長い文章題も、一生懸命考えて惜しい答え。
2人とも、本当によく頑張りました。
 
 
そして、今度は漢字検定があります。
漢字を覚えるのって本当に苦労しますよね…(;^_^A
楽しく、自ら取り組めるよう環境を整えてあげるのが私の課題です。
 
今年も、御言葉をしっかり聞いて、祈って、
やるべき勉強もしながら、神様にたくさん愛と感謝を捧げたいと思います。
 
今年も、どうぞよろしくお願いします。
 
 

ABOUTこの記事をかいた人

外資系勤務を経て摂理で結婚。アメリカで駐在生活4年。駐在妻として、子育て中ママとして、暮らしの中の出来事を書いていきます♡