海外駐在妻たちに極めて必要、見極め力。

アメリカ駐在生活、1年半が過ぎました。

 
ここ数ヶ月で新しく引っ越してきた方々がいて、
奥さんたちの純粋な心を見ると、
思わずこの成句が浮かんでくる…。
わたしがあなたがたをつかわすのは、
羊をおおかみの中に送るようなものである。
だから、
へびのように賢く、はとのように素直であれ。 

(マタイによる福音書/ 10章 16節)

純真なのは良いことですが、
それだけでは成り立たないぜ駐妻文化。
 
新しく来たA奥さんから、ある相談を受けました。
 
「Bさんが、Cさんが話したことが気に障ったみたいで、
旦那さんたちに悪口広めてるんです…。
たまたま旦那といるときに聞いちゃって。
仲直りできるといいんですけど、心配です。」
 
Bさんは私より前から駐在されてる奥さんで、
Cさんは新しく来られた奥さんです。
 
実はBさん、被害者意識を持ちやすく、
話しを膨らませて言い広めてしまう所があり…。
私も最初は分からなくて、
Bさんがおしゃべりが上手だから、つい色々話してしまって、
苦い体験が数回…。(←1回で学べば良かった。)
 
 
誰も、前もって教えてくれなかったヨー
( ;∀;)
 
でも、いつの間にか、みんなが知ってたヨー
(@ ̄□ ̄@;)!!
 
 
そして、そこに来られた新しい駐在家庭の方々。
 
純粋に色々質問して、自分のことを話してくれますが、
本当に相手を見極めないといけないです!と伝えたい。
 
Aさんには、
私は噂話で痛い目に遭ったことがあるから、
本人に聞くようにしています、と回答しました。
先輩Bさんが言っていることが、全部正しいわけじゃないから、
直接知っているCさんの姿をそのまま良しとして受け止めています。
 
 
人だけでなく、メディアも同様、
真実なのか?と問いかけながら、見極めなくちゃならないですよね。
 
本当に信頼できるのか?
いつもそう問いかけて、正しいことを脳に入れていきたいです。
 
これ、おすすめの曲よ↓
「考えるな」 Senole Japanのyoutube siteより。
 
人間関係で色々ありますが、それは考えないことにします(笑)
 
 
 
心置きなくおしゃべりできる友達は、本当に貴重ですね♡