20151220155114366

ハレルヤ(^^)
摂理の名古屋嬢MiKです☆

 

今回紹介するイラストは「愛を見て選択し、お選びになる」
2015年9月6日の主日の御言葉「愛を見て選択し、お選びになる」から構想を受けて描いたものです。
(御言葉要約はこちら→Mannam&Daehwa

 

神様は知識、容姿、身長、学歴、お金、名誉を見て選ぶことはなさいません。
<愛>を「核」としてご覧になり、愛一つを見てお選びになります。
三位一体と遣わされた人を100%愛し、その心が変わらなければ、その一つのことを見て選んで貴重に思ってくださり、その霊魂を引き上げさせて、永遠に愛して一緒に生きてくださいます。
(摂理 鄭明析牧師 2015年9月6日 主日の御言葉)

 

このイラストを構想したとき、鄭明析先生と神様との経緯を描きたいと思いました。
鄭明析先生は幼い時、貧しくて何もないけれど、ただひたすら神様を愛して生きました。
その愛一つを見て、神様は先生を選ばれたのです。

 

神様と聖霊様と御子は「愛」を見て選びますが、愛を「二つ」の面で見てお選びになります。
一つ、<対象格>である「人間」が愛することをご覧になります。
二つ、<主体格>である「三位一体」が愛することをご覧になります。
この二つの愛の美しさを見て、人をお選びになります。
愛すればきれいに見えます。
素敵に見えます。
それによってどんどん美しく神秘的に変化します。
(摂理 鄭明析牧師 2015年9月6日 主日の御言葉)

 

もっと神様を愛し、綺麗に素敵に変化していきたいですね☆

ところでこのイラスト、神様(御子)を描くのがすごく難しかったです。
人間からの愛を、本当に純粋に、とっても喜んでいらっしゃる姿を描きたかったのですが、表情もポーズもうまく描けず。。
だいぶ描き直しました。

 

気付いている方がいらっしゃるか分かりませんが、 「主の帆を付けなさい」のイラストでグラフィックに熱が入ってしまい、それ以降のイラストは(不必要に)キラキラさせたり、グラデ—ジョンつけたり、だいぶ見た目にこだわったイラストになっていきました。
このイラストとか、特にそうですね。

でもこだわりすぎて限界にぶつかり、このイラスト以降2回目のスランプに陥ってしまうのでした。

それはまた次回☆

 

MiK