2015121517002290a

ハレルヤ☆
摂理の名古屋嬢MiKです☆

今回は「他の道があるから縛られるな」という御言葉イラストの紹介です。
このイラストのもとになったのは 2015年8月9日 主日の御言葉「他の道があるから、縛られるな」
(御言葉要約→Mannam&Daehwa

日本語では「縛られるな」となっていますが、韓国語の原文を直訳すると「首を吊るな」となるそうです。

 

自分個人も、家庭も、団体も、民族も<本当に重要で大切な計画したこと>が自分のミスで駄目になったと言って、落胆し、やきもきし、自暴自棄に陥って、それに縛られるな。
<他の道>がある。
(摂理 鄭明析牧師 2015年8月9日 主日の御言葉)

 

いつも、実際に鄭明析先生に起こった出来事から先生が悟られたことを教えて下さいますが、このときは先生が大事な手紙を送り忘れ、でも別の方法で解決した、という出来事でした。
このことから鄭明析先生が「このようにこうだ」と悟り、私たちがぶつかっている問題の答えとして、この御言葉を急いで伝えて下さいました。

 

自分がミスを犯してできなかったことを考えて、嘆き、落胆ばかりしていてはいけません。
<三位一体が用意した他の道、他に行なう道>があります。
だから必ずすべきことができなかったと言って諦めないで、機会を逃したと言ってそのことに縛られないで、気を引き締めて祈って、早く<他の道>を見つけることを願います。
(摂理 鄭明析牧師 2015年8月9日 主日の御言葉)

 

イラストを描く上で悩んだのが、 「首を吊りたくなるほどの絶望感」をどう表現するか、でした。

 

具体的な状況を描いたものが分かりやすいのか??
と、はじめは考えて、その方向で描きましたが、、、

→ なんか軽いイラストになってしまい、ボツ。

 

悩み悩んで、最終的にこの構想が来ました。

絶望感は「絶壁」。 他の道の希望は「光」。

うーん、でも何か練りきれずに送り出してしまった感じが…
一枚ボツを出したから、時間がなかったんです泣

 

もし私が「首を吊りたくなる状況」だったら、もっと深い作品が出て来たかもしれません。
御言葉を描くのって、自分が悟った分しか描けないんですよね(^^;)

 

私自身、もっと御言葉を実践して、御言葉の威力を深く悟らないといけないな〜と感じる今日この頃です。

 

MiK