目的を成した生を生きなさい

神様は<天地万物>と<人間>を創造しておいて、人間を「神様のような人格、知恵、知識の人」に育てて「神霊な人」につくることをなさいました。
このように人間が成長したら、「神様の愛の対象体」になって神様を愛し「創造目的を成す生」を生きるようになさいました。
<目的を成した人>は「その目的に該当する最高に理想的な生」を生きなければなりません。

2019年6月24日 鄭明析牧師の御言葉

 

久しぶりに描きましたが、今回は「創造目的」に関する御言葉でした。

 

『生きる目的』『なぜ生きるのか』…誰でも一度は考えるのではないかと思います。

みんなそれぞれ答えを見出して生きていきますが、
「これが絶対的な答えだ!」
という答えは、人間の力では得られないのではないでしょうか。

 

例えば人間が作った作品を考えてみます。

なぜその作品を作ったのか、どういう目的があるのか、
それは、<作品を作った本人>に訊いてみてこそ分かります。

人間を、神様が創造されたとするならば、<神様に訊いてこそ>、人間として生きる目的、意味、価値…etc が分かるのではないでしょうか。

 

摂理で御言葉を聞いてみて、その部分が本当にはっきり分かったし、分かったからこそ目的どおりに生きることができ、目的を成して生きる生がどれほどいいのか実感しています。

 

人生に悩む人たち、ぜひ御言葉で答えを見つけてみて欲しいです^^

 

MiK


ABOUTこの記事をかいた人

摂理公式サイトMannam&Daehwa(マンデー)でイラストを描いているリケジョ。普段は医薬系の研究開発に携わる。実は博士号持っている。イラストを通して摂理の御言葉を紹介していきます♪