新生児祝福式

こんにちは。

Nightingale🐤です。

 

今日は、前回の続きではなく、

先週、教会で捧げられた、

新生児祝福感謝式(以下、新生児祝福式)』

について紹介したいと思います。

 

日本では一般的に、生後一か月頃にお宮参りをする…ことが多いと思いますが、

新生児祝福式とは、ざっくり言って「お宮参りの教会版」です。

 

貴い命が生まれたことを神様に感謝すると共に、

新生児のこれからの健康と成長をお祈りする行事です。

 

普段なかなか教会や御言葉と接する機会がない家族たちも、

気軽に(?)参加することができる行事でもあります。

 

今後、名古屋でもこのような機会を作っていこう!ということで、

早速、担当の使命者が立てられました。

そして、昨今のコロナの状況を鑑み、

まずはオンラインでやってみようということになった結果、、、

その記念すべき第一号として、なんと、

我が家のはらぺこちゃん(赤ちゃんの名前:仮名)が参加できることになりました! 😆 

 

霊肉新しく

 

という今年の標語に合わせて、

我が家では年明けにはらぺこちゃんが産まれ、

次は新生児祝福式と、続けて新しく変化する機会をいただきました。(感謝!)

 

「オンラインで新生児祝福式をやろう!」と決めてから、

当日まであまり日が残っていなかったのと、

私の母→「オンライン?お宮参りの方が良い!着物着せたい!」という反応(;^ω^)

ということもあり、

21日間のお祈り条件を立てることになりました。

 

お祈りを続けるにつれて、

母の様子が「楽しみだね~」と段々変わってきました。

なかなか使命者が見つからなかったパートも、担当して下さる方が見つかりました。

そして、私自身も、神様のもとで祝福された命が生まれた喜びを、

神様と主と同じ心情で分かち合いたい!という気持ちがいっそう湧いてきました。

 

そして迎えた新生児祝福式当日、、、

 

母が朝から大掃除を始めました!  😯  

部屋のレイアウトを変え、画面に映る位置を何度も確認し、

「綺麗な服着ないとねー」と。

 

母が勤しんで準備するその姿を見て、

肉体は分からなくても、

母の霊は主が来られることを確実に分かって、勤しんで準備しているのだ

という感動がありました。

 

『新生児祝福感謝式』と名前はついていますが、核は礼拝と同じです。

神様と主を迎え、愛と感謝を捧げることです。

お祈りも、賛美も、御言葉もあります。

 

そこに家族が一緒に参加できることに、本当に感謝しました。

 

当日伝えられた御言葉は、

神様の創造目的に関する御言葉()、

そして、はらぺこくんの名前にちなんだ御言葉()で、

とても感動しました。

 

また、

はらぺこくんの感謝映像👶や、

教会メンバーからの温かいお祝いメッセージ💌の時間もあり、

恵み深い、あっという間の1時間でした。

(「パパからの代表挨拶」の時間もあり、「だんさん、何を言うんだろう…」と

内心どきどきしていましたが、「毎日成長するはらぺこくんを見ながら、

私たちもこのように愛情を注がれて育てられてきたのだということを

実感をもって感じています」と話していて、(`・ω・´)bでした)

 

両家の親は慣れないオンラインに静止画像みたく固まることも多かったですが(;^ω^)、

式のあと、早速、母親同士が電話で交流したり、

家族のお茶の時間が盛り上がったり、家族の和睦を深める時間となりました。

 

何より、私たちの家族が、神様と共にはらぺこちゃんの誕生をお祝いできたこと、

だんさんが自分が信仰を持っていること&私が信仰を持っていることを家族に証し、

認めてもらえたことがとても大きな祝福でした。

 

今後も、七五三、ハーフバースデー💐などなど、

はらぺこちゃんの成長に合わせて、家族が続けて教会行事に参加できるといいな…!と思いました(^^)

 

機会を与えてくださった聖三位と主、

主の体になって準備してくださった各分野の使命者の方々、

心から感謝します! 😀