聖殿建築vol.8☆~新聖殿のコンセプト~byエステル

新聖殿のデザインをすすめるにあたり、コンセプトが重要でした。

一般の建築作品でも必ずコンセプトがあります。

コンセプトを決めないまま計画をすすめると、どんどんまとまりがなくなり、決められなくなってきます。

聖殿の核はメインホールであり、壇上です。

壇上デザインの検討から、新聖殿コンセプトが決まり、そこから、外観デザイン、全体的なデザインが決まっていくようになりました。

壇上デザインは、教会の皆に募集をかけ、コンテストを行いました!
二週間の製作期間を経て、応募作品は八作品!
どの作品も素晴らしかったです(*^^*)

そして、見事採用されたのは、Aさんの作品でした!
(照明デザイナーのため、模型までつくって間接照明の見え方を表現してくれました!)

新聖殿の全体のコンセプトは「月明洞」

壇上デザインは「宴会場の滝」

そして、Aさんの構想にさらに構想が重なり、最終的には、こんな感じになりました☆

さらに、ガラスアートの仕上がりと組合わさり…

こんなイメージに…☆

 

そして、仕上がりは、、、

素晴らしい壇上となりました!

新聖殿は、この、神様と人間の愛を表現した、月明洞の宴会場の滝のデザインを核にして、全体デザインが構成されてます…☆

 

画像:Aさん’s資料

写真:http://ja-wmd.god21.net/