駐在妻は自信をなくしやすい?

アメリカで住んでみて、
日本で普通のことが、普通にできません。当たり前ですが。
 
私の住んでるのは田舎だから、
大好きなアンパンも売ってないし、(自分で作らないと。)
ましてやメロンパンなんて見たことないし、(自分でも作れません。)
コンビニも、自動販売機もないし、
子供の学校関係、病院関係にいたっては、込み入った話しできないし、
美容院でカットしてもらったら、おかっぱやし。
 
 
日本で普通にやってたことを
同じく「普通」という次元で行うためには、
かなりの労力と時間が必要…。
いや、労力と時間を要しても、できないこともあります。
 
 
そして、そんな中、私は…
 
あれもない、これもない、何もできない、病にかかり、(←考えの問題
いろいろと自信を喪失していました…
(@_@。。。
 
 
寒暖差が激しく、気候の変化に体がついて行かず、胃腸炎。
それが治っても、2週間以上続くめまい。
体がだるいし、久しぶりの不整脈。
果たして…。
 
 
パパのお弁当も作ってあげられず、ひとまずおにぎり。
(美味しいお米を探し、買いに行くのも一苦労。)
 
でもそれを、他の奥さんから
「○○さんのおうちはお弁当はおにぎりですもんね」って言われて、
(旦那たちの弁当の中身まで奥さんが把握し、話題にするこの文化…。)
 
別にその奥さんに悪気はなかったと思いますが、
なんせ、ナイナイ病にかかっていた私には、グサリ…
 (;一_一)
 
私なんもできないなー、の悪循環でした。
 
 
自分一人でこの悪循環から抜け出せなかったんですが、
摂理のメンバーママとのやりとりで、やっと抜け出せるようになりました♡
 
彼女も、ヨーロッパの駐在を経験されている方で、今は日本にいらっしゃいます。
(今度、彼女との経緯を記事にしたい。)
 
 
一見キラキラ見えてしまう駐在妻ですが、
 
そばには親戚も心を許せる友人もいなくて、
日常生活を生き、平和な家庭を保つのに精いっぱいすぎて
誰かと過剰に比較して、できてると思ったり、できてないと落ち込んだり
そんな人が多い気がします…。
 
 
日本と同じことはできないけど、
ここで暮らしていて良いところに焦点をあてて、
少しでも楽しく過ごしたいと思います。
 
 
考え次第で、運命が変わる。
決心次第で、人生が決まる。
人はそれぞれ考えで生きる。
全能なる神をいつも考えよ。
 
 
 
この讃美、毎日熱唱です。
 
なんか辛いな…、そんなとき、この讃美をお試しあれ。
 

 

ABOUTこの記事をかいた人

外資系勤務を経て摂理で結婚。アメリカで駐在生活3年目☆駐在妻として、暮らしや子育てのことを書いていきます!