平和を成すの巻

 

ベルギーのテロ事件といい、日本人男性がイスラム国に参加しようとし拘束されたことといい、イスラム国の脅威が広がっている。

 

 

留学中、あずきちゃんのクラスメイトの大半はイスラム教徒だった。

 

 

イスラム教徒のトルコ人に

「日本人はイスラム教徒を怖がる。 イスラム教徒=アルカイダというように、結び付けるから悲しい」と言われたときは、

 

 

 

 

「・・・。」

 

 

 

 

 

すぐに言葉が出ナカッタ。

 

 

 

あずきちゃん、一部のイスラム教徒の行ないを、 イスラム教徒全体のイメージとして反映させてしまっていたなと、、、

 

 

 

 

  /⌒ヽ
 く/・〝 ⌒ヽ
  | 3 (∪ ̄]
 く、・〟 (∩ ̄]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


 

 

 

 

子どものころから、なぜ宗教や肌の色、文化や慣習によって戦争や争いが起こるのか本当に不思議だった。

 

 

そこで!

 

 

 

「世界中の子供たちが国や宗教などに捕われることなく、お互いを尊重し合い、共に成長していく場」を将来作ろうと考えた。

 

 

 

そしてあずきちゃんは、ドイツで森の幼稚園の存在を知った。
森の幼稚園とは園舎を持たず、自然の中でのびのびと保育をする幼稚園のこと。

 

 

 

      キ
      タ
       ァ
        ァ
        ァ
         ァ
        ァ
        ァ
       ァ
      ァ
      ァ
       ァ
       ァ
    ヽ\  //
        ∧∧ 。
     ゚ (゚∀゚)っ ゚
      (っノ
       `J





 

これはイイ!

 

 

 

 

 

体力はもちろん、感性や創造力も養われる!

 

 

 

 

この森の幼稚園をヒントにして、世界中の子どもたちがひとつになれるような場、環境は作れないか!?

 

 

周りからは「甘いね(゚Д゚)」とよく言われたけども。。。

 

 

  ( ゚д゚)
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/     /
     ̄ ̄ ̄

 

 

 

 

 

 

<平和>が<愛>だ

<愛>さなくては<平和>はない。 
相手が間違っても、とにかくまずは愛さなければならない。これが本当の「愛」だ。
2014.12.26 明け方の御言葉

 

 

平和を作り出す人達には戦争はありえないし、戦いもあり得ません。不満不平の中で暮らしている人達は、毎日、心の戦い、戦争のみならず、肉的な戦争が絶え間なく続きます。

 

人間と人間が平和になれば、世の中は平和の理想世界がなされるし、神様と人間が平和になれば、一層永遠な運命が変わるでしょう。
2001.4.1主日の御言葉

 

 

 

 

「平和な世界を作りたい」と言ってるわりにはあずきちゃん、愛することができていない。

 

 

  /⌒ヽ
 く/・〝 ⌒ヽ
  | 3 (∪ ̄]
 く、・〟 (∩ ̄]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


 

 

 

「イラっとする。→ 悔い改める。」
これを毎日職場で何度繰り返していることか。。。

 

 

。   ∧_∧。゚
 ゚  (゚ ´Д`゚ )っ゚
   (つ   /
    |   (⌒)
    し⌒

主が愛してくれたように あずきちゃんもまずは、全ての人を愛すことが出来るように頑張る!

 

 

 

 

 

そしてイスラム国が

「イスラム国と戦っている有志国連合の国々には暗黒の日々を必ずもたらす」と更なる攻撃を示唆しているので、被害がこれ以上広がらないように祈ります。

 

gf01a201502150400

Foto-Rabe