祖母を見ながら感じること

sky.jpg

MiKの実家である長崎の家は、祖母の家のすぐ近くにあります。

90歳を超える祖母は腰が悪く、一人ではうまく動けません。
ぼけてはいませんが、記憶力が悪くてすぐに忘れてしまいます。
自分が衰えたことが分かるから、いつも「死にたい」と言います。

祖母に死後の世界についてどう思うか聞いたことがあります。
答えはこうでした。

 

「死んだら全部なくなるの。【無】よ。」

 

鄭明析牧師から学んだ霊界のことや、神様のことをいくら話してあげても、聞き入れようとしませんでした。

 

「平気よ。十分生きたもの。悲しいことなんて何もない。」

 

そう言いながら、祖母は泣きます。

「どうして涙ばかりでるのかしらねぇ、何ともないのに。」

 

介護している私の親や妹は、

「また泣いて〜」

と言って、軽く流しているようでした。

何ともないと言いながらなぜ祖母は涙を流すのか、私には分かります。
それは、人間には「霊」があるから。
祖母の霊が本当に悲しくて、虚しくて、苦しんでいるのだと、私には分かります。

でも、祖母が御言葉や神様を受け入れない限り、どうすることもできません。
だから、祖母の背中に手を置いて、心の中で祈りました。

「神様。祖母を救って下さい。
 祖母が神様を受け入れないことを悔い改めます。
 私が分かって祈りますから許して下さい。
 祖母が御言葉を学ぶのは難しいです。
 どうかその霊魂が、少しでもいい霊界に行けるようにしてください。」

 

神様は人間の霊のために、天地万物、全てを創造したとおっしゃいました。
人間の人生100年は霊を作るための時間だと鄭明析牧師は教えて下さいました。
霊を天国の形象に作り、永遠に天国で生きていくのです。

それを分かり、一生を霊のために生きたならば、「死」も虚しいものではありません。
肉体の「死」の後には、愛する神様と共に生きる永遠の生が待っているのですから。

霊を知らず、肉体のためだけに生きる人生は、いくら栄華を極めたとしても虚しく終わります。
この世でいくら財を築いたとしても、その一つさえ天国に持っていくことはできません。
そして、人生の終わりになってそれに気付いても、遅いのです。

 

一人でも多くの人がこの御言葉に出会えますように。
一人でも多くの人が救い人に出会えますように。
一人でも多くの人が神様に出会えますように。

切に願うばかりです。

 

MiK


ABOUTこの記事をかいた人

摂理公式サイトMannam&Daehwa(マンデー)でイラストを描いているリケジョ。普段は医薬系の研究開発に携わる。実は博士号持っている。イラストを通して摂理の御言葉を紹介していきます♪