ハレルヤ☆

先日、メンバーと一緒に滝を見るために山に行ってきました!

 

そもそも何で「滝を見に行こう!」となったかというと、

鄭明析先生が最近作詞作曲された「滝の愛」という賛美を聴いたのがきっかけでした。

 

↑韓国語ですが、日本語歌詞は以下のようになります。

 

「滝の愛」

1.一筋の滝のように 乱れもせず
わが愛 天のため 流れ落ちた
滝のような わが愛は 
変わらず 永遠だろう

2. 神の創造目的 その愛 
成し遂げられ
その形象 構想して
大傑作品 造られた
滝のような わが愛は 
変わらず 永遠だろう
滝のような わが愛は 
変わらず 永遠だろう 

 

 

「滝の愛って、どんな愛だろう?」

「実際、滝を見てみたら何か分かるんじゃないか?」

 

さて、先生の故郷、月明洞には、岩をひとつひとつ積み上げてつくった「滝」の造景があります。

神様の構想でつくられた月明洞の滝は、岩の造景や湖と調和を成していて、本当に美しいです。

(↓再生リストの36番目をご覧下さい)

 

一緒に行ったメンバーは、月明洞の滝は見たことがあるけれど、自然の滝は見たことがないそうで、ぜひ自然の(天然の)滝を見に行こう!となりました。

私も滝を見に行くのはかなり久しぶりだったのでとても楽しみでした。

 

メンバーの車に乗せてもらい、人里を越えて、山の中へ。

 

 

緑が美しく、水も冷たくてとても綺麗でした!

そして…

 

 

ドドドドドドドドドド…

 

↑文字ではこのようにしか表現できませんが笑、本当にすごい迫力でした。

写真だと、生で見た時の迫力と感動がお届けできないので残念…

みなさん、ぜひお近くの滝に行ってみて下さい。

 

月明洞の滝もすごいけれど、神様が自然の中につくられた天然の滝も本当に美しかったです。

メンバーと一緒に、神様を讃えて賛美もしましたが、滝の水の音がすごすぎて、お互いの声が全く聞こえませんでした笑

 

 

1秒も休むことなく、すごい量の水がひたすら流れ続けている滝。

先生のおっしゃる「滝のような愛」というのは、このように、ひたすらひたすら休むことなく、天に向かって流れ続ける(しかも、すごい量の)愛なのだなぁと感じました。

 

「一筋の滝のように乱れもせずわが愛天のため流れ落ちた」

「滝のようなわが愛は変わらず永遠だろう」

っていう歌詞が本当にすごいと思いました。

 

私の愛の滝はまだ、たまに乱れることもあるけど、、笑

先生のように一筋に変わらない愛を、永遠に天に捧げて生きていきたいです。

 

 

MiK