求めよ、そうすれば与えられるであろう。 ~駐在妻編~

アメリカで駐在生活をして1年以上経ちました。
 
幼い子供も2人&和食好きな夫とのアメリカ生活は、
日本と比べて生活しにくいことがたくさんありました。
(;´∀`)
 
でも、日本では体験できないこともたくさんあって
環境を通して、神様がたくさん助けて下さるのを感じて、
本当に感謝です♡
 
 
そんな中、
これから新しい駐在家庭の方々が来られる、と聞きました。
 
そのうち1人の奥さんは、
旦那さん経由で他の奥さんと事前に連絡をとり、
色々と質問して準備しているそうです。
 
また別の奥さんは、誰とも連絡を取らず
ご自身で準備されているそうです。
 
 
どちらが正解、なんてことはありませんし、
自分が安心して、納得できる方法を選んだら良いのですが、
 
 
求めよ、そうすれば与えられるであろう。
探せ、そうすれば、見出すであろう。
門をたたけ、そうすれば、あけてもらえるであろう。
 
(マタイ7章7節)
 
のように、
駐在妻の文化でも、この言葉が当てはまることが多いです。
 
 
夫の仕事で、ついてこざるを得ない妻と子供たち。
それを迎える先輩の駐在家庭。
というか手伝うのは、主に先輩奥さんたち
 
 
駐在生活が始まると、最初はホテル暮らしで、
夫は仕事へ行きますが、
奥さんと子供たちは、自分の家も車もない状態なのです。
(大抵は妻&子供は1~3か月後に来る。
 その間に自分の家と車が用意してもらってたら楽です。)
 
でも、妻子も一緒に来られる場合、
奥さんが自家用車を買うまでは、
他の奥さんのサポートが必須…(;^_^A
日本みたいにちょっと歩けば自販機、コンビニ、ガソリンスタンド♡
なんてところじゃないです、アメリカって。
どこに行くにも車が必要。
 
日常の買い物、
幼稚園の送迎、
病気になったら緊急病院…、などなど
先輩妻が手伝えることは限りがないのです…。
 
夫は仕事という枠組みで付き合えますが、
奥さんたちに適応されるルールはなく (会社よ、ここまで考えてくれ。)
どこまでお世話を引き受けるのかはその人次第です
 
いくら慣れてる先輩奥さんでも、
家庭でやることは毎日あるから、
なんでも言って!どーんと頼って~!なんていう方には
まだ出会っていません(笑)
 
基本的には、聞かれたら答える
頼まれて、できることなら答える、という方がほとんどです。
 
確かにね、
自分の家庭があってこそ、他の家庭もサポートできるから、
自分の心の境界線をしっかり定めることは大切です。
 
 
求めよ、そうすれば与えられるであろう。(アゲイン)
 
 
求めれば、そこから大きな世界が広がる可能性が大きいです。
 
 
 
知っている人から教えてもらうのが、一番早いです。
新しい環境に入ったら、先に学んでいる方からたくさん学んでください♡
 
新しい駐在妻の方々が、無事に生活を始められますよう
陰ながらお祈りしているMarieでした♡
 

ABOUTこの記事をかいた人

外資系勤務を経て摂理で結婚。アメリカで駐在生活3年目☆駐在妻として、暮らしや子育てのことを書いていきます!