title_top.jpg
世には友らしい見せかけの友がある。
しかし兄弟よりもたのもしい友がある。

(旧約聖書・箴言18章24節)
最近、摂理名古屋のソルティ、本当~に姉妹たち(摂理では教会メンバーのことを「兄弟姉妹」と呼んだりします)に助けられています。
特に、名古屋大学出身の摂理姉妹たちに…。
摂理歴もうすぐ4年目に突入しようとしているソルティ。
これまではわりと個人プレーで信仰生活を守ってここまでやってきましたが、ついにその「限界」にぶちあたり、「支え合う」という言葉を本当にかみしめております。
仕事と信仰生活のバランスだったり、体調管理だったり、朝起きれなかったり(笑)、励ましあい支え合うことで、自分一人ではどうもがいても不可能だったことが、同じ方向を向いて「一緒にやろう」と決心したときから、本当に簡単に可能になりました。
「共に行なう」ということがこれほどまでに大きいのかと、もちろん支えてくれる姉妹に感謝なのですが、根本は、「(ソルティを助けるために)人を通して働きかける神様」なのだということを感じます。
神様が人間を通してくださったものもあるし、その人自身が愛して、くれたものもある。だからすべて熱くありがたく思い、感謝して生きなければならない。
(2013年7月13日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)
本当に、あっという間に日付が過ぎてゆく今日この頃ですが、つたない私をいつも気にかけてくれている姉妹に感謝です。
いわゆる「友人」以上の「友人関係」を築ける摂理の教会★
神様というベクトルに向かって共に走れる「生涯の友」に出会えたことに心から感謝です…★
ソルティ
写真:名古屋大学HPより