初めの感謝と喜び愛を忘れずに行ないなさい

<物>も<家>も<環境>も<人>も、初めて得たときは、時間が経つことも忘れて喜んで愛して生きていきます。
しかし、それが冷めた時は、甲斐も、喜びも、愛も感じなくなります。
そのうち普通に思って、「普通の値段」で売ってしまいます。

<初めの愛>も<初めの価値>も<初めの喜び>も忘れてはいけません。
忘れたら「成長が止まった生」になります。

2020年1月26日 鄭明析牧師 主日の御言葉

 

こちら、今月頭に描いたイラストなのですが、ブログを更新できずにおりました^^;

 

このイラストを描きながら、自分自身のことを顧みて、色々と悔い改めました…苦笑

絵に描いてしまうと、なかなか衝撃的だけど、

でも、神様に対してこういうことやってるんだろうなと。。

 

初めの愛、感謝、喜び。

 

人間は忘却の生き物だから、それを保っていつも感謝して喜んで生きるのは、本当に努力しないとできないと感じます。

私も、初めの心を失っているものが色々あるわけで。

この使命(絵を描くこと)からして、初めの心でできているかと言われると、そうでもないなと感じる…^^;

 

鄭明析先生は、神様からもらったものを忘れずに、その感謝と愛を失わずに、いつも感謝感激して生きていらっしゃいます。

数十年前のことも、いつも感謝して神様に話されているそうです。
(私は数ヶ月前のことも忘れてそう…←コラ

 

先生は、
神様に向かう真心と愛が、いつも変わらずに燃えていらっしゃり、

神様に愛で仕えていらっしゃる姿を、いつも手本として見せてくださっています。

 

御言葉を聞くまでは考えもしなかった「神様」に対して、

どのように愛し、仕え、敬って、一緒に生きたらいいのか、

その「生」を実践されながら直接見せてくださる先生がいらっしゃることが、

あまりに感謝なことです。

 

先生にならって、

もっと神様がくださったものの価値を悟って、

感謝感激が絶えない生活にしていきたいです。

 

MiK


ABOUTこの記事をかいた人

摂理公式サイトMannam&Daehwa(マンデー)でイラストを描いているリケジョ。普段は医薬系の研究開発に携わる。実は博士号持っている。イラストを通して摂理の御言葉を紹介していきます♪