最後まで行なってこそ、問題が解ける

人生を生きて行く人に<問題>はいつも襲いかかります。
「その問題の解決方法」は、問題に属したことを行なう時に出てきます。
ある問題は、霧をかき分けて進んで行けばある瞬間霧が消えるように解決します。
またある問題は、その主管圏を抜け出してはじめて解決します。

2019年11月24日 鄭明析牧師 主日の御言葉

 

この御言葉は、
私にとって神様との深い経緯ができた御言葉でもあったので、
忘れないようにという思いも込めて、イラストに描きました^^

 

問題解決の御言葉が宣布されたこの日、
私はまさに問題にぶつかっていました。笑

 
それは、
先日の記事で書いたオリジナル創作やりたいという悩みに加え、
春くらいから解決できずに徐々に溜まってきたものが、創作の悩みと複雑に絡んでしまっており、、苦笑
 
 
そうやって悩んでる自分が情なくもあり、
なんかもう抑えられなくなってしまって本気で泣きながら祈りました。
 
 
 
その日の御言葉で先生が、
 
「(問題のために)泣かないでください」
 
とおっしゃったのに泣いてしまい、
何だか申し訳なかった。。 ←追い打ち
 
 
 
行ないながら解決するとおっしゃったので、とにかく必死に祈っていたのですが、
 
祈る中でふと、
過去に大きな感動を受けた時のことと、その時感じた思いが浮かび、
自分がぶつかっている悩みの根本的な原因が分かるようになりました。
 
 
それが、先日も書いたように「霊の思いと肉の思いが違った」ということですが、
 
根本的には、
 
私が「主を中心にできていなくて、肉的に偏ったために生じた問題
 
だということが分かるようになりました。
 
 
 
「ああ、本当に今週は御言葉通り『問題が解かれる週』だ」
 
 
 
と実感した瞬間でもありました。
やはりその週に宣布された御言葉通り行うことが答えだと感じます。
 
 
 
この週の週末に月明洞に行くようになり、
神様が色々と見せてくださって解いてくださり、
 
その後も祈りながら行なっているうちに、問題が解かれていっています。
 
 
 
 
 
問題の中にいるときは、真っ暗だし苦しいのですが、
 
これまでも結局「最後まで」行えば解決してきたので、
 
「神様を掴んで進んでいけば解決する」という確信が今はあります。
 
 
 
人生、山あり谷ありだけど、
神様とともに進んでいけば、結局は良い方向に進んでいきます。
 
 
「今苦しくても、結局はもっと良くなる」
 
 
そう確信できることが本当に大きいと感じますし、
 
その確信は、
 
鄭明析先生がこれまで行なってこられた姿から感じ、
 
そして
 
その御言葉通りに自分が行なって実感してきたことから感じています。
 
 
 
 
これからも問題にはぶつかるだろうし、
 
そして泣くこともある気はするけれど、(笑)
 
その困難を通していっそう自分を磨き、神様に近づくことができ、
 
天との経緯を深め、愛を深め、
 
結局は解決し、もっと良くなるし栄えるのだから、
 
やはり神様と共に歩む人生は、
 
味があり面白く、最高です。
 
 
(私はけっこう神様からスパルタで鍛えられることが多いですが笑
 苦しくても過ぎ去ってみれば、それもまた経緯。笑)
 
 
 
 
 
神様、本当に感謝し、愛しています。
 
私は弱い人間なので、これからも神様をハラハラさせもどかしくもさせるでしょうが、
許してくださいね。笑
 
 
これから肉の生が終わるまで、
そして霊魂で永遠まで、
 
 
ともに愛し合って楽しく生きていきましょう。
 
 
 
MiK
 

ABOUTこの記事をかいた人

摂理公式サイトMannam&Daehwa(マンデー)でイラストを描いているリケジョ。普段は医薬系の研究開発に携わる。実は博士号持っている。イラストを通して摂理の御言葉を紹介していきます♪