伝えるのが優しさ?伝えないのが優しさ?

我が家のパパは、筋金入りの和食好きです。しかも魚が大好き!

しかし、残念ながらアメリカへ来てから、
材料的に和食を続けるのは難しいし、
内陸なので美味しい魚が手に入らず、必然的に 肉メインの生活。
 
おかげさまで、
肉料理の分野で開発されています(;^_^A
 
トマトソースのスパゲッティも、
アメリカへ来てからメニューに加わりました。
(日本では、私と子供たちは好きなので、
パパが出張とかの不在時のときだけ作っていました。)
 
アメリカへ来てからは、1ヶ月に1~2回はスパゲッティ。
 
そして、先日も。
 
食事中、お腹が空いてないのか、気乗りしなそうに食べるパパ。
娘がパパ食べないの?と聞いたら、
 
「パパ、実はトマトソースあんまり好きじゃないんだよね。」と。
 
ええーーー!?
工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工
 
これまで何も言われなかったから、苦手なの知らなかったよ!
いや、でもこれまでも、あまり嬉しそうには食べてなかったかな…と思い出したり。
 
言わなかったのは、彼なりの優しさ?
作ってくれたから文句言わずに食べよう、という優しさ…?
と思ったのですが、
 
でも、それって優しさなのー?
どうして言ってくれなかったのー?って
ふくれっ面で心のうちを言ってみました。
 (´・ε・̥ˋ๑)
 
言ってくれなかったことに、寂しくもなり、
気軽に言える心の器を用意してあげられなかった自分にも反省。
 (╥ω╥`)
 
 
このように、
夫婦になったとしても、知らないことたくさんあります。
 
 
伝える方が優しさになったり、
伝えない方が優しさになったり、
人によっても、
状況によっても、変わってきますよね。
 
行いの根底にあるのが、相手に対する思いやりなのであれば、
自分の考えと違っても、相手の行動を受け入れらる柔軟性を持てたらいいですね。
 
 
神様とたくさん対話(お祈り)しながら、
 
様々に真逆タイプのパートナー(笑)とも上手に対話しながら
家庭天国を目指していきたいと思います♡
 
対話って、大事ですね~。
 (๑ˇεˇ๑)•*¨*•.¸¸♪
 
 

ABOUTこの記事をかいた人

外資系勤務を経て摂理で結婚。アメリカで駐在生活3年目☆駐在妻として、暮らしや子育てのことを書いていきます!