あずきちゃん、Frankfurtの駅には忘れられない思い出がある。

 

 

 

 

 

 

学生時代、早朝に友達10人で電車を待っていた。

 

 

 

みんな半目状態。

 

 

 

 

   ∧ ∧ ∧ ∧ ∧ ∧ ∧
  ( (-( -( – ( -д( -д)
  (つ(つ/つ//  二つ
ハァ─) .| /( ヽノ  ノヽっ ─・・・
   ∪∪とノ(/ ̄ ∪

 

 

 

 

会話もなく、ただ隅っこで電車が来るのを待っていた。

 

 

 

 

 

                ∧
 ((  (\_ ∧ ∧ ∧ ∧ Д)っ
   ⊂`ヽ( -д-) _)д-) )  ノノ
  ヽ ⊂\  ⊂ )  _つ
スゥ──(/( /∪∪ヽ)ヽ) ノ ──
      ∪ ̄(/ ̄\)

 

 

 

 

 

 

すると遠くから、少年が走って来た。

 

 

 

 

(((;;;:: ;: ;;          ;; ;:;::)) ::)
   ( ::: (;;   ∧_,∧   );:;;;)) )::: :; :))
    ((:: :;;  (`・ω・)っ ;;;; ; :))
     ((;;;  (っ ,r どどどどど
          i_ノ┘

 

 

 

 

そして、あずきちゃんに向かってスライディング。

 

 

 

 

気付いたらあずきちゃん、倒れていた。

 

 

 

 

        ∧∧
       ヽ(・ω・)/   ズコー
      \(.\ ノ
    、ハ,,、  ̄
     ̄

 

 

 

 

「なになになに?!」

 

 

 

 

わけがわからないまま、起き上がった。

 

 

 

 

するとまた違う少年が、あずきちゃん目がけてスライディング。

 

 

 

 

(((;;;:: ;: ;;          ;; ;:;::)) ::)
   ( ::: (;;   ∧_,∧   );:;;;)) )::: :; :))
    ((:: :;;  (`・ω・)っ ;;;; ; :))
     ((;;;  (っ ,r どどどどど
          i_ノ┘

 

 

 

またあずきちゃん、倒れた。

 

 

 

 

        ∧∧
       ヽ(・ω・)/   ズコー
      \(.\ ノ
    、ハ,,、  ̄
     ̄

 

 

 

「なにが起きてるんだ?」

 

 

 

 

そして起き上がった。

 

 

 

 

するとまた他の少年が、あずきちゃん目がけて走ってきた。

 

 

 

(((;;;:: ;: ;;          ;; ;:;::)) ::)
   ( ::: (;;   ∧_,∧   );:;;;)) )::: :; :))
    ((:: :;;  (`・ω・)っ ;;;; ; :))
     ((;;;  (っ ,r どどどどど
          i_ノ┘

 

 

 

また倒れる。

 

 

 

 

 

        ∧∧
       ヽ(・ω・)/   ズコー
      \(.\ ノ
    、ハ,,、  ̄
     ̄

 

 

 

また起き上がて前を見ると、違う少年が走って来ている。

 

 

 

 

 

(((;;;:: ;: ;;          ;; ;:;::)) ::)
   ( ::: (;;   ∧_,∧   );:;;;)) )::: :; :))
    ((:: :;;  (`・ω・)っ ;;;; ; :))
     ((;;;  (っ ,r どどどどど
          i_ノ┘

 

 

 

案の定、彼もスライディングをしてきた。

 

 

 

 

 

        ∧∧
       ヽ(・ω・)/   ズコー
      \(.\ ノ
    、ハ,,、  ̄
     ̄

 

 

 

そして彼らは笑いながら、走り去って行った。

 

 

 

 

 

  ぽかーん。。。

 

 

 

   (~)
 γ´⌒`ヽ
  {i:i:i:i:i:i:i:i:}   
 ( ´・ω・)  
  (:::::::::::::)
   し─J

 

 

 

 

 

友達「なんであずきちゃんだけ?」

 

 

 

ビクッ. ∧ ∧ ∧ ∧   
  Σ(゚Д゚;≡;゚д゚) 
     ./ つ つ    
  ~(_⌒ヽ ドキドキ
     )ノ `Jззз

 

 

 

「おかげで目が覚めたわ。」ってみんな爆笑していた。

 

 

 

 

 

「あずきちゃんこそ目が覚めたわ。」

 

 

 

 

           ∧ ∧     
         (゚Д゚;):. _ 
        r’⌒と、j ミ ヽ 
       ノ ,.ィ’  `ヽ. /
      /       i!./

      (_,.         //
      く.,_`^”ー-、_,,..ノ/
        `~`”ー–‐’

 

 

 

 

幸いなことに彼らのスライディングが上手かったおかげで、あずきちゃんは倒れるときに手を地面に着くことが出来た。

 

 

 

幸運にも怪我はなかった。

 

 

 

 


|  ≡  ∧_∧
|≡   (・∀・ ) ひゃっ!
|  ≡ /  つ_つ
|≡  人   Y
|  ≡し’ー(_)

 

 

 

 

 

あずきちゃんは、昔からなぜか標的対象にされやすい。

 

 

 

 

 

 |┃三 ガラッ!! ┌───┐ミ
 |┃        | どっきり|
 |┃ ≡ 〆⌒└─┬─┘ミ
 |┃   ( ___)│    サッ
 |┃=  (_》 ^ω^)E)
 |┃ ≡⊂     ノ

 

 

 

 

 

 

今は神様を信じるようになったから守られているけれど、信じているからと言って無条件 肉的なことも守られるわけではない。

 

 

 

 

 

 .__
ヽ|・∀・|ノ<図に乗るな!
 |__|
  | |
. 図図
 . 図図

 

 

 

 

最低限、人間の責任分担は果たさなければならない。

 

 

 

 

霊感を与え、感動を与えるが あなたたちが安心しきって 「神様が守ってくださるだろう」という 考えばかりをして生きるから 悪人たちから被害を受けるのだ。

 

 

 

 

慎んで、目を覚ましてまわりをよく見なさい。

2013-02-05

 

 

 

 

 

 

 

もし信仰がなかったら、あずきちゃんはただの災難な人で終わっていただろう。