20151026箴言
2015年10月26日鄭明析先生 明け方の箴言
本当に貴重なものだとわかったら、自分の持ち物をすべて売って買い、それでもお金が足りなければ、自分の着ていた服までも売って足して買う。
そして裸ででも持って行く。

人は本当に貴重なものがわかると、裸ん坊になってでも手に入れようと努力をするそうです。
わたしにとってそれはなんだろうか?と考えました。
みことばだなぁと思いました。
裸ん坊ではないですが笑
わたしは田舎にすんでいて、直にみ言葉を聞いたり、礼拝に参加するには車で高速をぶんぶんいくしかありません。
それこそ時間もお金も投資しなくては手に入らないものでした。
それは形にはならないものだけど。
わたしが生きるのに絶対に必要不可欠です。
nagano