アメリカ駐妻☆ 妊娠出産の話、番外編。

番外編へようこそ(笑)

 

妊娠出産のとき、特に感じたことがあります。

それは…

神様は一番良い『時』に行ってくださる!ということです。

 

 

『時』という言葉は、私が摂理に出会ってから、とても大切に思ってきた言葉です。

 

一番好きな聖句は、伝道の書3章11節です。

神のなされることは皆そのにかなって美しい

神はまた人の心に永遠を思う思いを授けられた。それでもなお、人は神のなされるわざを初めから終りまで見きわめることはできない。  

この聖句を詠んだ時、「美しい」の概念が覆されました。

時にかなっていてこそ、美しいんだなと。

神様の御心の時にかなう行いをする美しい人になりたい、と強く思いました。

 

また以前、牧師先生の弟さんとお話しする機会があり、

妊娠中の子供の名前を「時(とき)」にしようと思うんですけど、と冗談で話したら、

「3人産んで、ひと時、ふた時、半時、にしたら?(笑)」

と答えてくださいました( ´∀` ) ♡

えー、まさか!と爆笑したのを思い出しました。

実は、3人目の子は、アメリカへきてからちょうど3年半で生まれました。

名前は時ちゃんじゃないけど(笑)、時を合わせて生まれてきてくれたのだと信じます。

 

そして、私の一番好きな賛美『時と共に』です。

 音源はこちら → 名古屋摂理の聖歌隊賛美『時と共に』

この曲のリズム感がとても好きです♡

車に乗るときは、賛美をいつも聞いているのですが

何十曲も入っているので、大好きな『時と共に』に当たる確率は低いです。

それにもかかわらず!! (゚д゚)!!

なんと、出産のため病院に向かうとき & 退院して帰るとき、

『時と共に』の曲からスタートしたんです!!

何十曲の中から、まさかのタイミングで。

これは、神様が共にされている!としか思えませんでした。

『時』、というキーワードを通して、神様を感じた体験談でした。

 

をすべて統治される神様。

1日も違わず歴史を進められる神様。

 

これからも、神様の時、を御言葉で学びながら、時を掴んでいきたいです。

 

ちなみに、先日、時計を3つプレゼントでもらう夢を見ました。

今年も、時に関する何かが起こりそうな予感です♡

 

 


ABOUTこの記事をかいた人

外資系勤務を経て摂理で結婚。アメリカで駐在生活4年。駐在妻として、子育て中ママとして、暮らしの中の出来事を書いていきます♡