実践者は語る、片付けコンマリメソッド!

この2週間、片付けで有名な近藤麻理恵さんことコンマリさんの方法を実践しました!!
 
Netflix でアメリカでもとっても有名です!
 
実は少し前まで、テレビ情報には疎い私は知らなかったのですが、
こちらの友人から、コンマリって知ってる?と聞かれて初めて知るようになりました。
 
色々調べてみたら興味深い♡
YouTubeもいくつか見て、本も読みました。
もともと片付け、収納技が好きだったのもあり、
とても楽しかったです( ´∀` )♡
 
 
今の家、日本で住んでた家よりずっと広いので
収納には困っていませんでした。
でも、広いから買い足したものが増えるし、
日本から持ってきたものは奥へ追いやられるし、
コントロールできてる感じがなくて
なんか居心地の良い家、とは感じられたかなったのです。
 
ステキな部屋に住みたい!と思いつつ、
それは日本に本帰国してから…と言い聞かせていましたが、
 
コンマリさんに出会ったのもご縁、
このに、私もやってみよう!と決心しました。
 
 
大きなポイントとしては以下の4つ。(勝手な私の視点です^^;)
 
◎片付けの順番として、
衣類→本類→書類→小物類→思い出の品。
 
◎それぞれの段階で、すべてを出して一箇所にまとめて分類する。
 
◎いるかいらないか判断するのは、自分がトキメクか、という基準。
 
◎捨てるときには、感謝してサヨナラする。
 
 
まずは衣類に取り掛かりました。
4時間半かかり、半分は取捨選択の時間、半分は収納の時間。
山場を乗り越えたような気分です!
ウォークインクロゼット、あまり足を運びたくない場所でしたが、
今は、ぜひともそこで洗濯物をきれいにたたみたいマイスペースになりました。
 
本類、書類は順調に進みました。
次なる壁は小物類。
リビングにある文房具類(子供の色鉛筆やペン、折り紙など含む)と
キッチン小物(調理器具、日本の食材の大量ストック)に挑むのに、
心の準備が必要でした。
 
3日に渡り、リビング、調理器具、食品を片付け。
すっきり、掃除しやすい場所になりました!
 
まだ思い出の品が残っていますが、
小さめの段ボール1つなので、ちょっと時間をかけやろうと思います。
 
 
コンマリさんご自身が、子供の頃から試行錯誤して構築されたコンマリメソッド
彼女の堂々たる姿、まさに実践の力を感じるしかありません。
 
実践者は、揺るぎない。
 
 
私たちの牧師先生も、語る一言ひとことに、力を感じます
実践者の言葉だから
 
反対されても、揺るがない
その真の強さを感じるしかありません。
 
 
実践する前はホンマかいなと疑問もあるけど、
実践した後の達成感、爽快感やった人にしか味わえないですね。
 
ぜひとも実践の生を生きていきたいです。
 
 
物は片付けたので、
考えも、
必要なもの、不必要なものを分けて、
やるべきことをやる人生を送りたいです(*´ω`*)
 

ABOUTこの記事をかいた人

外資系勤務を経て摂理で結婚。アメリカで駐在生活3年目☆駐在妻として、暮らしや子育てのことを書いていきます!