どこにいても完璧な場所はない。再びアメリカへ。

アメリカ駐在生活は、
楽しいこともありつつ、
難しいことも結構ありました。
一年経って、やっと一通りこんな感じか~と考えの枠組みができた感じ。
「慣れた?」とよく聞かれますが、ビックリ事件はよくあるので
「はい、慣れました。」とはなかなか言いにくい(笑)
 
かといって日本に一時帰国しての生活も、
実家に一時的な荷物と共に帰っているので、
なんだか落ち着かない (;^_^A
 
 
どこにいても、長所と短所がありますね。
結局はその場所の良いところを見て、
肯定的に生きていくしかないなー
という結論にたどり着きました。
 
ないなら作って、
直さないといけないところは直して、
ここだからできること、を考える。
 
これって、環境だけじゃなく、人もですね。
 
各自の長所と短所があるので、
どこを見て付き合っていくかで、
自分の心が荒れるか、
穏やかでいられるか、決まってくると思います。
良いところを見る視点を強化したい。
 
 
神様も、一人ひとりの良いところを見て、適材適所に使命をくださいます。
「良いところを見る」のは神様の視点ですね ( ´∀` )♡
 
また、
非常に大変な状況の中でも、
自分自身のことも、自然聖殿も、
すごく素敵に作り上げた牧師先生。
先生は、状況に不満を言わず、常に実践されてきました。
 
 
私も、不平不満言って、誰かが何かしてくれるのを待つのはやめて、
自分が何ができるか考えて、進んでみることにします( ´∀` )
 
 
この週末にまた渡米です。
日本、またね~ (^o^)/~~~~~
 
 
みんな違う個性の色♡
 
 
 

ABOUTこの記事をかいた人

外資系勤務を経て摂理で結婚。アメリカで駐在生活3年目☆駐在妻として、暮らしや子育てのことを書いていきます!