見えないものを受け取ってみる。

帰省するとき、いつも家族にお土産を買って帰ります。

私は、相手が何が欲しいかな~と想い巡らし、
いろんな所を見て回って、
膨大な選択肢に埋もれて、
一度は目まい起こしそうになるんですが(笑)、
夫に相談すると決まってこう言います。
 
気持ちを受け取るんだから、何だっていいよ。」
 
… (;一_一)
結婚当初は、
なんで一緒に考えてくれないんだろう?何でもいい、なんて。
と、不満でした。
 
でも、何年も経ち、
夫の家族や親戚とも親交が深まるにつれ、
夫が言う意味が分かるようになりました。
 
夫の家族も、親戚も、
ほとんどの人が”気持ち”を大切にして、
贈り物を受け取る方たちでした。
 
そして、夫のお母さんも、何か欲しいものありますか?と聞けば、
「その気持ちが嬉しいよ~♡」
と、やっぱり”気持ち”を大切にしてくれる。
 
たとえ、何か嬉しくないものをもらったとしても、
相手が自分のことを考えて、
探して、選んで、買って、持ってきてくれた、
その気持ちと手間を受け取ってくれる人なのです。
 
こうでなければ、ああでなければ、と型にはまらず
気持ちを受け取ってくれる、というのは
なんとも心地が良いです。
 
喜んでくれなかったらどうしよう、なんていう不安は
もう持たなくて良い♡ (笑)
 
相手が自分を考えてくれること、
相手が自分のために掛けてくれる手間、時間、真心。
残念ながら、目には見えません…。
 
だからこそ、時には”気持ち”をじっくり感じて
豊かな時間を過ごしたいと思います~( *´艸`)♡
 
 
 

ABOUTこの記事をかいた人

外資系勤務を経て摂理で結婚。アメリカで駐在生活3年目☆駐在妻として、暮らしや子育てのことを書いていきます!