摂理で個性の発見。

最近、妙に社会人で一人暮らしをしていた時のことを思い出します。

これって、一人の時間が欲しいっていう衝動かも? (;^_^A
(今は実家で、子供3人と共に暮らし。一人の時間は…時々あるかな。)
 
 
私は、学生時、東京理科大学で生物工学を学びました。
そこから、外資系メーカーに研究職として就職しました。
オフィスビルは新しく、アメリカの本社から働きに来ている方も多く、
仕事でもプライベートでも、日々海外の方とのやり取りがありました。
 
人一倍負けず嫌いだった私
 
紅色のふちの眼鏡をかけて、
黒いタイトスカートかパンツスーツにストライプのシャツで見た目も武装 笑。
「分かりません」って言うのが恥ずかしくて、残業したり土日出勤して調べたり。
頼まれると断れず、ますます仕事が増えていく日々。
頑張ればなんとかなる、という自分の信念で働いていました。
女性なのに「アニキみたい」って言われるのが嬉しかったんです 爆。
 
その後、ある同期を通して、聖書の勉強をしてみたら?とすすめられました。
人知れず悩んでいた私ですが、神様はすべてご存じだったのでしょう。
その同期の子とはそこまで仲良くないのに、不思議と心を許して話すようになりました。
 (こちらのブログ参照→私が摂理へ来た理由。
 
御言葉を学んでから、「個性」について改めて考えるようになりました。
 
当時、自分の個性 << 自分の理想像 だったため、
かなり間違った方向性で突っ走っていたことを思い出します…
 
実はその後、考え方やワークスタイルの歪みが大きくなり、うつ病にまでなってしまいます。
 (こちらのブログ参照→私がうつ病だったとき。
それから、初めて自分の本当の個性って何だろう?と考えるようになりました。
 
親に認められたい、人に認められたいという欲求があまりにも大きくて、
私の本当の個性はずっと埋もれてきたことに気が付きました。
 
まずは、人よりも自分がどう感じるか、という転換から始めました。
始めてみたけれども、ずっと慣れていた考え方にすぐ流れてしまうもので、
今でも気を付けて軌道修正が必要だと感じます。
それでも、始めることが大切。
この時から、自分の個性、自分が本当に好きなものを選ぶ練習をしてきました。
 
服装で言うと、
タイトスカート → フワッとしたスカート
かっちりまとめ髪 → パーマ
はっきりした色 → パステルトーン
という変化がありました。
 
女性らしくあること、を否定していた私が、
私の中の女性性を認め、かわいらしく変化しました。(←自分で言う 笑)
 
自分にも限界を感じたとき、
自分を知るには、自分を創った方に聞けばいいと御言葉で教えてもらいました。
それからは、
神様が私にくださった個性は何だろう?と考えるようになりました。
 
人の目よりも、神様の目を気にしたら、さらに自分らしさが出てきたのでした。
 
1人ひとり、神様が創ってくださった個性と、その人を通して成したい計画(御心)があります。
私も紆余曲折を経ながら、見つけたものもあるし、まだ見つけられていないものも多いと感じます。
 
人生という旅の中で、感謝して探しつつ、神様と一緒に生きていこうと思います♡
 
これから、どんな発見があるのか楽しみです( ´∀` )
 
 
 
 

ABOUTこの記事をかいた人

外資系勤務を経て摂理で結婚。アメリカで駐在妻生活5年を経て、帰国。3人の子育てママとして、暮らしの中の出来事を書いていきます♡