母親だって、成長中。自分を責めないで。

私には理想の母像があります。
でも、なかなかそうなれなくて、
自分に対するダメ出しすることが多い日々です…
 (つд⊂)エーン
 
その都度、自分の中の裁判官が
 
どうしてできないの?
ほらまた同じことやってるよ。
 
と言います… (ノД`)シクシク
 
 
でもね、お祈りしながら、ふと気づいたのです。
 
私だって、母親になってまだ4歳だ!」 (笑)
 ド―――(゚д゚)―――ン!
 
 
長女が現在4歳。
お腹の中にいるときに、母親の自覚を持ち始め、
本格的「母業」は4年目ですね。
 
 
例えば、
社会人になって、4年目ってどんな感じでしょうか。
基本的なことを覚えて、一人でもそれなりの仕事をこなし、
時には部下もできることもあるかな。
まだまだ、駆け出しです。
 
そう、私もまだまだ母親として成長中だ!と気付けたのです!
気付かせて下さった聖霊様に感謝します。
 (ノД`)・゚・。
 
それからは、
まだできないこともあるよねって考えられるようになりました。
 
 
お母さんになったら、
・いつも優しい笑顔
・美味しいごはん作ってくれる
・掃除も上手で家が片付いてる
・自分の話しを聞いてくれる
…あげたらきりがありませんが、
こんな風に、突然なれるものではありません。
 
 
これって、母親に限るものではなく、
学生が社会人になったときや、
摂理へ来て様々に成長中の人、
またたとえ年数が長くなっても
何か新しく取り組んだり、次元を上げようとしているならば
急に変化できないのは、同じですよね。
 
 
 
<まだ成長していない人>なのに、
よくできないからといって、問題があると言うな。
<まだ成長していない人>が完璧によくできるだろうか。
 
<まだ熟していない果実>を取って、
『あなたはどうして熟していないのか』と言わない。
もっと熟するように『機会』を与える。
これが<神様の法>だ!

鄭明析(チョンミョンソク)牧師  主日の御言葉より

 
   
責めるのではなく、
もっと成長できるよう機会を与えて下さる神様に感謝し、
今日も前向きに生きていきます♡
 

ABOUTこの記事をかいた人

外資系勤務を経て摂理で結婚。アメリカで駐在妻生活5年を経て、帰国。3人の子育てママとして、暮らしの中の出来事を書いていきます♡