少しずつ、外も暖かくなってきて…

春の香りもほんのり…

梅の花もいい感じ…(*^_^*)

 

三学期もあと僅かで

先週、今年度の最後の授業を迎えました。

(わたくし、教員をしております(^_^)v)

 

最後の授業でとった、アンケート

その中に、一・二枚

スパイスの効いた回答…

「この授業は聞く価値がないと思った。受験に直結していない。生徒を引き付ける授業をしてほしい」

 

 

 

 

おたあ、落ち込んだぜ…(-_-)(-_-)(-_-)

 

 

 

まだまだ若手で、授業の技術も足りないおたあ。

そして

心こめて、祈ってあげていた生徒たちでもあったのに…

大事に接していたつもりだったのに

ふがいなさと申し訳なさというのか…

うんざりというのか…

 

 

これは明らかにね!

私の力不足が原因ではあるのですがね!

これを通して、おたあはふと考えた

考えが深くなっていった

 

「神様に対して、人間たちが苦痛を与えることが本当に多いのだろうな」

 

神様は人間を愛して、愛して、愛して、生かしてくださっているけど

神様の存在を否定する人もいるね

 

2000年前

人々を救おうと、神様の体になって福音を伝えてくださったイエス様

神様が人間を愛して、救い人を送ったのに

その愛を分からずに排斥し、十字架にかけてしまった

 

 

…それでも

神様は、変わらずに人間を愛してくださる

 

ほらみんな、今、生きてるでしょ

空気吸えてるでしょう

住む場所もあるでしょ

ご飯も食べたでしょう

ええ、おやつまで…(^^)汗

 

決して、当たり前ではない

ひとえに、神様の愛ゆえ

 

 

 

 

(T_T)

 

 

 

 

神様の愛は

考えれば考えるほど

自分の考えでは手に負えないほど

深すぎる。

 

神様を信じる人・信じない人、好きな人・嫌いな人

いろんな人間がいるけど

すべてを大切に抱いて、生かし

今この時も生きていらっしゃる神様…

 

 

うわあ、自分の苦痛なんて、

ほんと、鼻クソみたいですよね……笑

(しかも、今回は、おたあの授業が未熟だったからだしね…笑)

 

 

ミョンソク先生が先日教えてくださったぞ

『患難と困難があるけれども、その時もがいて平素悟れなかったことを悟り、平素得られなかったものを得るようになります。』

 

 

大好きな神様のお気持ちを

日々の生活から、悟ることを願うおたあでした(^_^)v