二週間くらい原因不明の発熱と咳が続き、

休日診療所をハシゴしたりしながら、

ついに血液検査。

(&尿検査)。

そして、人生二度目の点滴。。

 

ジャック・ニコルソン似病院の先生に言われたのは、

「水が足りない!」

「なんだったとしても、こんなひどい数字駄目でしょ」

「水を飲みなさい!!」

 

咳がひどかったので…

マスクを取れなくて…

うがいしないで水を飲むのもこわくて……(;^ω^)

 

そういえば、癒しのタラントがある姉妹に、

ある日肩を触られた瞬間、

「ないちんげーるさん、水を、たくさん飲んだ方がいいですよ」

と、言われていたのだった…!(><)

 

病院の天井を眺め

点滴をしながら                                                                               

思い浮かんできたのは、

今、この時に、三位と主を知って、

共に生きられる幸せ。

そして、感謝できなかったことへの悔い改め。

 

 一人でいる時はちょうど祈る時間と同じで、神様をもっと呼び、考えるようになる。

(2月8日明け方の箴言)

 

教会の牧会者さんや、兄弟姉妹たちを思い浮かべながら、

ああ、いまこのときは、

本当に、私たちの、

ゴールデンエイジだ。

 

もっと、悟りたい。

もっと、感謝したい。

もっと、味わいたい。

もっと、走りたい。

もっと、愛したい…!

 

しくしくしていたら、カーテンがバーッと開いて、

 

ジャック・ニコルソン似の先生は、

「喉確かに腫れてるけど、もう、じきよくなるよ」

「薬ももう飲まないほうがいいよ!」

 

と、薬も出してくれませんでした

(☆´∀`)ゞ

(咳止めの湿布だけ…)

 

 

点滴で凍った体で足早にお家に帰り、

お母さんが送ってくれた生姜のきんぴらと、お味噌汁で、

身体はあったまった!

(そして、ブログを書いている!(笑)) 

 

よし、これから、

霊魂永遠にあったまる、御言葉を聞こう!

 

人間最高の挑戦と実践は、三位と一緒に生きる生だ。

(2月5日主日の御言葉)

 

三位は「三位と一緒に生きる人たちの体」を着て実践なさる。

このことを分かって、甲斐と愛と希望と喜びで生きなさい。

(2月7日明け方の箴言)