アメリカ駐妻☆ 初の無痛分娩&里帰りしなかった出産体験記。

妊娠体験記に続き、出産についての体験記です(^^)

 

病院には子供たちも遊べるスペースがあり、分娩出産のときも

上の子たちを連れていくことが多いと聞いていましたが、

今回はコロナで子供たちは病院に入ることができませんでした

なので、夜間に陣痛が来た場合、自分ひとりで病院に行って生む!という段取りに。

 

一人で、アメリカで出産なんて、不安すぎる…( ;∀;)

必死の状況の中で、英語でコミュニケーション取れるのか…!?

とあまりの不安で、切実に神様にお祈りしました

 

病院の先生に相談したところ、

39週以降なら、計画分娩にできる、と。

「子供たちが学校に行っている間に、産もう!」( ´∀` )♡

と、先生からひと言。

なんと、朝に入院して、陣痛促進剤を使って、学校のお迎え時間(2時半)までに

赤ちゃんを産んでしまおうという作戦です!

まさか!そんな計画通りにいくかいなっ!!って思いました、その時。

 

結論から言いますと、その通りになったんです~( ´∀` )ハハハハハ♡

 

年齢の考慮もありますが、39週を過ぎると、計画分娩にする方が多いそうです。

もちろん、計画した日までに先に陣痛が来ることもありますが、

計画されていると思うと、ドキドキして待つよりはメンタルが気楽でした。

 

そして、

計画分娩日を迎え明け方4時頃。

なんか、おなか痛い…。どんどん痛くなるぞ…?もしや陣痛!?

入院は7時だったので、それまで待ってくれ~と思いながら横になってたら収まった(笑)

 

そして無事に入院。すでに朝陣痛が始まっていたようです。

そこから、さらに陣痛促進剤を注入し、無痛分娩の説明を受けました。

「痛みは人それぞれ感じ方が違うから、あなたが痛いと思ったらナースコールして」

と言われ、夫が学校へ子供たちを送って、病院に来てくれるのを待つこと1時間。

子宮口もさらに開いてきて、唸り声がでるくらいに痛いな…という感じに。

その段階でナースコールして、無痛分娩の処置をしてもらいました。

それから15分後、本当にぜんっぜん痛くない!!

めっちゃリラックスして、冗談言いながら過ごしました(笑)

 

それから2時間ほどで、いよいよ赤ちゃんが出てくる段階に。

おなかの感覚がないので、うまくプッシュできてるかどうか分からなかったけど、

Good job!! とめっちゃ褒められながら、出産にいたりました~!

陣痛促進剤を使ってから4時間でのスピード出産!!

 

産後すぐ抱っこできるカンガルーケアをさせてもらい、

ちっちゃな赤ちゃんをおなかの上に乗せたときは、涙が自然に出てきました。

夫を見たら、夫も泣いてる!

その後、夫も赤ちゃんを抱っこして「感無量です…」とコメントしてました(笑)

 

産後の処置をしてもらい、夫は部屋でランチを注文。(私は食べる気になれなかった…)

アメリカでは、LDRと呼ばれる部屋でLabor(陣痛)、Delivery(分娩)、Recovery(回復)

の時を過ごします。

妊婦さんは移動することなくてとても楽♡

一人一部屋のホテル仕様の空間で、至れり尽くせりでした。

 

ただ、コロナで保育ルームが閉鎖されていたため、

生まれたての赤ちゃんと四六時中一緒に過ごさなければならず、

1時間に1回は起きるというスケジュールで2泊3日過ごしました…。

 

入院期間は、普通分娩の場合は2泊まで可能、ということでした。

私の場合、日本では長女は7日、長男は6日の入院だったので、2泊だけということに恐れを出だしていました。

だって、産後2日って、やっと歩けるか?みたいな状況だったから…。

でも今回、無痛分娩のおかげか、出産したその日から歩けましたよ。びっくり。

 

無痛分娩、日本でも広まることをひそかに祈りました。

 

無事に自宅へ帰ってきて、夫は1週間の産休を取ってくれました

初めて里帰りしなかったので、夫も新生児とたくさんの時間を共有できてよかったなと思います。

 

「こんなに泣く子は初めてだよ~」って嬉しそうに抱っこして言ってたけど、

いやいや、上の二人も泣いてたから!って突っ込んでおきました(笑)

 

異国で、コロナで、上の子たちもいて…

様々不安でいっぱいの妊娠、出産でしたが、

神様がすべて最善の時を与えてくださり、無事に過ごせたことに感謝します。

 

3人目、本当にかわいいです♡


ABOUTこの記事をかいた人

外資系勤務を経て摂理で結婚。アメリカで駐在妻生活5年を経て、帰国。3人の子育てママとして、暮らしの中の出来事を書いていきます♡