タイヤがパンクした( ;∀;) アメリカ編。

雪解けの時期。
雪がなくなってきた道路を走るのは快適~!と思いきや、
なんだか穴がいたるところにあいている…
 
この穴、道路が凍ったり溶けたりを繰り返すことで、
また除雪車が通ることで、できるそうです。
 
 
息子をプリスクールへ送る途中、
ボコッって、避けきれず大きな穴の上を通ってしまった
そしてその後、なんか変な音がするなーと思いながら運転続行。
そのままプリスクールに到着。
 
で、息子を教室まで送って、いざ帰ろう!というとき…
 
ガガガっ…    ?!!
 
となりの車に乗ってたお母さんが、
タイヤがパンクしてるわよ!と叫んで、教えてくれました(;´Д`)
 
ちなみにパンクした、は
I have a flat tire. といいます。
 
タイヤがぺちゃんこになったのを見て、
穴が開いてから数キロ走ってたのに
よくここまでもったなぁと、ビックリしました。
 
実は、タイヤの交換をするのは初めて(;・∀・)
スペアタイヤがあるのは知ってる。
さぁ、どうしよう?
主人に電話するも、誰かそばにいる人に助けてもらって、とのこと。
職場からは遠いのです。
 
本当に申し訳なく、プリスクールの先生に助けを求めたところ、
息子の隣りのクラスの先生が快く来てくださいました。
 
車からレスキューセットを取り出し、
車体を持ち上げ、タイヤをスペアタイヤに交換。
スペアタイヤって、細いし頼りない!!(;´Д`)
先生に深くお礼を言って、ディーラーへ直行しました。
 
 
新しく近所に移転してきたディーラー。
行くのが初めてだったので、ドキドキ。
 
最初に、パンク修理を保険でカバーされるか聞くものの、
Do you want our warranty or your car insurance?
?????
意味が分からん!
ウォーランティってなんぞや?
で、説明聞くも、よく分からん。
インシュアランス(保険)でなんとかしてって言っちゃいました。
 
そして、ピカピカの待合室に行くと、20人ほどの人々。
多すぎじゃない…?何分待つんやろう…
と思ったら、見覚えのある方が。
こちらでお友達になった日本人の奥さん(旦那さんは米人)が
いらっしゃいました
 
彼女は車の点検に来ていました。
なんと、日英の通訳の免許を持っている方です!
 
そこで…「ウォーランティって何ですか?」
出た!私の間抜けな質問タイム!!!
本当、アメリカの常識なくてスミマセン(;´Д`)(;´Д`)(;´Д`)
 
丁寧に教えてもらいました♡
保険だと自分の車の保険会社とディーラーがやりとりして
ある一定価格以上だと保険会社から支払われるけれど、
ウォーランティというのはディーラーの保証制度で
例えば購入後2年間はメンテ無料、とかそういったもの。
 
教えて下さって、ありがとうございます( ;∀;)
私はウォーランティでお願い!って言いに行きました( ´∀` )
 
その後も、ディーラーの方とのやりとりで分からないことを
通訳してくださり、本当に感謝です。
 
 
かなり焦る状況ではありましたが、
・完全にパンクした場所が、本当に幸いな場所だった。
・ディーラーで、通訳してくださる方に会えた。
というように、
神様が確実に助けて下さっているのを感じるしかありませんでした!!
神様、感謝します。
 
 
また最近、語学学校のプレゼンの試験準備で忙しく、
子育てでも悩みは尽きず、
そばに気軽に相談できる人もいなくて
いろんな思いを自分の中にため込んでいたのを発見。
 
車にとって厳しい状況を走っていて、パンク
私にとっても厳しい生活状況
私がパンクしそうだよ!って神様がメッセージをくださったのだと思います…
 
もうすぐ駐在生活2年。
慣れて楽になったところもある一方で、
そばに信仰の友がいないというのは変わらず、
「祈り」が深くできないと、色々と難しい状況になります…
 
本当、できないことが多すぎるけど、
でも私がここに存在することに意味がある!と信じて、
今日もまた新しく生きてみようと思います。
 
 
雪国のみなさま、雪解け時期の運転もお気を付け下さい~
 
アメリカンな車、あこがれます~♪

ABOUTこの記事をかいた人

外資系勤務を経て摂理で結婚。アメリカで駐在生活3年目☆駐在妻として、暮らしや子育てのことを書いていきます!