米国駐在妻が通る道、アンティーク編 Part 2。

先日書いたアンティークの記事ですが、日本のみなさんから好評でしたので第二弾です♡

 
「アンティーク」と一言でいえど、いろいろあります。
食器、アクセサリー、家具、おもちゃ、インテリア、などなど。
アンティーク全般が好きな方もいますし、
私は、特にカップと花瓶が好きです。
 
 
今回は私のコレクション自慢(笑)。
 
 
こちら、FireKingというブランドのマグです。
4ドルで購入。(日本のアンティークショップで約3000円!)
 
 
 
こちら、Fentonというメーカーのクリーマー&シュガー入れ。
8ドルで購入。(日本では約4500円!)
本来ミルクを入れるものですが、大きいので、
手作りしたシソドレッシング入れてみました(笑)
 
 
 
 
そして、
アンカーホッキング社のフォレストグリーンというシリーズの花瓶と、
メーカーは分かりませんが青い小ぶりの花瓶。
緑の花瓶、4ドルで購入。(日本では約5000円!)
二つ並ぶと、さらに癒され度がアップです♡ 
写真、色加工してません。
 
 
 
駐在生活、本当にいろいろありますが(←いつか記事に…)
心が晴れないことがあっても、素敵なガラスたちを見ながら癒されています。
 
癒されたいときは、みどり
落ち着きたいときは、あお
ちょっと元気だしたいときは、きいろピンクラベンダー
 
私の場合、こんな感じで、毎日マグの色を変えて使っています。
(マグ、いくつあるんだ…)
 
以前、商品の包装材のお仕事してたときに、
カラーコーディネーター2級を取得してから、生活に応用するようになりました。
 
社会人だったときも、会社に2つマグ置いてて(ピンクと水色)
気持ちがブルーな時はあえてピンク、元気な時はあえて水色を選んで、
コンスタントな心でいられるようにしてました。
 
目から入る情報は本当に影響力が大きいですよね!
 
目は突出したの脳だ、と摂理の御言葉でおっしゃいました。
良いものを見て、良い脳を作りましょう~♡
 
 

ABOUTこの記事をかいた人

外資系勤務を経て摂理で結婚。アメリカで駐在生活3年目☆駐在妻として、暮らしや子育てのことを書いていきます!