日本が好きなドイツ人の友達数名に
「あるプロジェクトの撮影を手伝って欲しい」と頼まれた。

 

 

 

 

日本語に訳す程度だ、と。

 

 

 

 

 

 

   ☆ * .  ☆
   ☆ . ∧_∧ ∩ * ☆
オケ━━━( ・∀・)/ . ━━━!!
    . ⊂   ノ* ☆
   ☆ * (つ ノ .☆
      (ノ

 

 

あずきちゃん、快く許諾した。

 

 

 

 

 

当日、
「これあなたのセリフね」と台本を渡された。

 

 

 

 

 

.〃∩ ∧_∧
 ⊂⌒( ・ω・)
  \_っ⌒/⌒c
    ⌒ ⌒

 

 

 

まさか。

 

 

 

 

.
⠀⠀⠀⠀➵⠀➵
⠀⠀➶⠀⠀⠀⠀⠀⠀➴⠀
➶⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀⠀➴⠀
         ∧_∧
        (;・Д・)
    何かヤな予感がする

 

 

 

 

あずきちゃんも映るの?

 

 

 

 

 

 

ドイツ人「これを日本語に訳して演じてね。」

 

 

 

 

 

き、きいてないゼ…
    ∧_∧
・;’.、(・ω(:;(⊂=⊂≡
    (っΣ⊂≡⊂=
    /   ) ズバババ
    ( / ̄∪

 

 

 

 

 

 

 

うううう
    ∧_∧
・;’.、(・ω(:;(⊂=⊂≡
    (っΣ⊂≡⊂=
    /   ) ズバババ
    ( / ̄∪

 

 

 

 

撮影中、若い女の子たちが集まってきた。

 

 

 

 

あずきちゃん、注目されることが好きじゃない。

 

 

 

 

 

         *、 *、  
        / ゚+、 ゚+、
       ∩    *。  *。
   (´・ω・`)       +。   +。 
   と   ノ      *゚  *゚ 
    と、ノ     ・゚  ・゚
     ~∪    *゚  *゚  
          +′ +′  

 

 

 

 

それなのに、高校の文化祭では2回も主役を演じ、学校全体に上映された。

 

 

 

 

        ∧∧
       ヽ(・ω・)/   
      \(.\ ノ
    、ハ,,、  ̄
     ̄

 

 

 

 

高校2年生の時、GAL男役

当時流行った映画「電車男」を真似た物語。

 

 

 

 

 

  キタ━(゚∀゚)━!

 

 

 

 

 

【Story】

普段、みんなから怖がられているGAL男。
ある時、クラスのヲタクがいじめに遭ってるのを目撃し、助けてあげる。

そして恋に発展する。

 

 

 

 

    |┃三
    |┃  ガラッ
    |┃ ≡ .∧_∧
____.|ミ\_<丶`∀´>  
    |┃=__     \
    |┃ ≡ )  人 \

 

 

 

 

 

(女子校でもないのに なんであずきちゃんが男役なん??)

 

 

 

 

  ∧_∧ パーン
 ( ・∀・)
   ⊂彡☆))Д´)

 

 

 

 

高校3年生、花嫁役。
当時流行った「プロポーズ大作戦」というドラマを真似た物語。

 

 

 

 

 

  . \:/
 ・・・・☆・・・・
. ⋀,,⋀. ∩.\
(*・ω・)/
.(つ  ノ
.しーJ

 

 

 

 

【経緯】

 

友達「花嫁役はあずきがいいんじゃない」

 

 

あずきちゃん「絶対いや。幸が薄い役がいい。」

 

 

 

 

友達「あずきが一番適役だよ」

 

 

 

あずきちゃん「ただみんながやりたくないだけじゃん。」

 

 

 

 

ゲェェェ
     ∧_∧
    (ill´Д`)
    ノ つ!;:i;l 。゚・
   と__)i:;l|;:;::;:::⊃
    ⊂;::;.,.’;;;;’::.:.;::.⊃

 

 

 

 

担任「あずきに決まり。」
担任「あずきじゃなきゃ、俺はやらん。」
※担任は花嫁を奪いにくる男の役

 

 

 

 

 

担任&友達「引き受けてくれたら、芋けんぴたくさん買ってくるから!」

 

 

 

 

         ∧ ∧
        (・∀ ・) プギャー   
       m9(  )>
         <  ヽ

 

 

 

 

 

結局あずきちゃん、花嫁役を演じた。

 

 

 

 

┳┻|
┻┳|
┳┻|_∧
┻┳|ω・)
┳┻|⊂ノ
┻┳| J

 

 

 

 

 

【Story】

 

神父さん「あなたは新婦を永遠に愛しますか」

新郎「アーメン」

 

新婦の表情がなぜか冴えない。

 

 

   ∧_∧   
 ( ´・ω・)  ショボーン
 ( つ旦と)  
 と_)_)

 

 

 

神父さん「あなたは新郎を永遠に愛しますか」

 

 

その時、、、

 

扉がバーンと開き
「ちょっと待った。」と男が入ってくる。

 

 

 

 

((;;;;゜;;:::(;;: ∧__,∧ ”;:;;;):;:::))゜))  ::)))
(((; ;;:: ;:::;;⊂(`・ω・´)  ;:;;;,,))…)))))) ::::)
 ((;;;:;;;:,,,.” ヽ ⊂ ) ;:;;))):…,),)):;:::::))))
  (“((;:;;;  (⌒) |どどどど・・・・・
       三 `J

 

 

 

そして新婦の腕を掴み、駆け落ちする。という話。

 

 

 

 

どんな話や。

 

 

 

 

. ∧_∧
=≡( ・ω・) ∧_∧ ,;  
  ⊂⊂ニ );)д`)∵ 
-=≡ (_(_/⊂ O)
     ’/  ヽ
     ∪ ̄\)

 

 

 

 

ドラマを真似ただけに、ドラマでありがちな話だ。

 

 

 

 

      __
    ヽ|・∀・|/ メチャクチャやな
    \[\ ]ノ
  、ハ,,、
   ̄

 

 

 

人々は「白馬に乗った王子様」を待っている。 

ドラマや映画を見ながら、代理満足をし、 美しい愛の夢に浸ってしまう。 

 

そのような「包装された愛」に騙されている。 

「世の中に存在しない愛」に騙されている。 

永遠であるかのように包装して、見せる。 

そのような愛は世の中にはない。

 

 

 

 

あずきちゃんも、白馬に乗った王子様を待っていた。

 

 

 

 

/ °/ / /。/ // / //
| ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ | / °
|  // (∵)。| /°//
| //  /_|\   | /。/
|。 ∧,,∧   // | /°/
|∩´・_・`∩ ° / | 。/ /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

 

 

恋愛って、初めは大事にされ、お姫様扱いされるけど、時間の経過と共に扱われ方が変わる。

 

 

 

         .┌┐
        / /
      ./ / i
      | ( ゚Д゚)<そんなバナナ
      |(ノi  |)
      |  i  i
      \_ヽ_,ゝ
        U” U

 

 

 

そして気付く、
「この世に永遠な愛などない。」
「愛ってなんなの。」

 

 

 

 

  /⌒ヽ
 く/・〝 ⌒ヽ
  | 3 (∪ ̄]
 く、・〟 (∩ ̄]
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 

 

 

わかってはいるものの、それでも愛されたくて、大事にされたくて、白馬に乗った王子様を待ち続けていた。

 

 

 

 

そんなとき、あずきちゃんの目の前に王子様が現れた。

 

 

 

       |
   \  __  /
   _ (m) _ピコーン
      |ミ|
   /  .`´  \
     ∧_∧
    (・∀・∩
    (つ  丿
    ⊂_ ノ
      (_)

 

 

 

神様だった。

 

 

 

実際、目に見えないはずなのに 
「ずっと待っていた人だ」という強い感覚があった。

 

 

 

 

 

これが真実の愛なんだ。