Find your breath. 自分の呼吸を見つけること。

駐在生活、もうすぐで2年になります。

 
アメリカへ来てから始めたことのひとつが、ヨガ。
だいたい週2くらいで続けています。
 
もともとチアダンスしていたので、
ストレッチとワークアウトにはちょこっと自信があり、
最初からそれなりにポーズもできました。
 
だけど、なんか違うなー。という感覚。
 
ヨガの先生や、長年ヨガを続けている方を見てると、
自分の動きと違う。
 
で、ある時、自分のなかに悟りがありました。
 
ヨガは、一つの正解があるのではなく
自分の現状(強いところも弱いところも)を知って、
時には労り、時には鍛えて、心も体も向上させていくものなんだ、と。
 
 
自分はダンス歴は長く、チームでダンスしてきたことが多いので、
各自の技術をレベルアップするのもそうだけど、
みんなで合わせる、ということも重要視してきました。
そして、「周りに合わせる」っていう無意識な考えが
良くも悪くも身に沁みこんでいます。
 
 
でも、ヨガは違う。
 
よくヨガの先生が
Find your breath. 
と言うのを聞きます。
誰と比べるものでもなく、自分と向き合うため
 
ヨガのポーズをしてると、
ポーズすることに一生懸命になっちゃって
息が止まってることもしばしば(-_-;)
そして、隣りの上手な人を見て私もやってみよう~とか思って力が入ってる(笑)
 
Find my breath.
 
自分の呼吸を見つけること
なんか英語で言うと、かっこいいんだけどね。
 
アメリカは個人主義なので、
自分の呼吸、自分の考え、自分の選択で生きるのは自然なのかもしれません。
でも、日本人の私にとっては、とても新鮮かつ難しくもあります。
自分の考えより、相手がどう思うんだろう?とか考えちゃったりするし。
 
 
忙しい毎日ですが、それでもヨガを続けているのは、
自分の呼吸をしていたか、自分を顧みる良い時間になっていると思うから。
 
これからも、ぼちぼち続けて行こうと思います。
 
これ、肩こりにきくポーズ。
私は手のひら全体はくっつきません(笑) 
 
 
 

ABOUTこの記事をかいた人

外資系勤務を経て摂理で結婚。アメリカで駐在生活3年目☆駐在妻として、暮らしや子育てのことを書いていきます!