小学生の目標 in America。

私の住んでいるところも、雪が解けて、春がやってきました。
 
日本では入学式が4月にありますが、
アメリカは、8月から新しい年度が始まります。
 
我が家の長女は、8月からキンダーガーデンに通うことになります。
日本で言うと、年長さんの学年ですが、
小学校に付属しているので小学校に通います。
 
そして先日、小学校の見学会にも行ってきました。
担任の先生に会って話をしたり、
学校で何をするか、話を聞きました。
 
安全面や健康面での話も多々あり、
その中で、「生活目標」というのを話してくれたのですが、
それがとても印象的でした。
 
私の下手な日本語訳ですみませんが、こんな感じです↓
 
自分が苛立っていたとしても (If I’m mad)
 建設的になり、指示に従うことができる。
 
②  他の人がそうでなくても
 自分は建設的で、指示に従うことができる。
 
③  自分がしたくなくても
 建設的で、指示に従うことができる。
 
 
①は、自分の感情を治めること、
②は、自分と他人の違いがあること、
③は、従順であること、
そのうえで、規律を守って生活することが大事だ、
と言っていると理解しました。
 
 
特に②ですが、日本とは違いますね。
他の人と違っても、というのを大々的に言ってますね。
日本の教育現場では、こうハッキリとは言わないのではないでしょうか。
 
本当、多種多様な人がいるアメリカ。
国も、育ってきた環境も、文化も、言葉も、いろいろ違うことが多いです。
個々が「違う」としても、「自分が」どうするか、を大切にしているのを感じます。
 
 
It’s depends on you!
はい、自分次第です。
 
 
周りの人の意見に左右されやすく、
自分のしたいことが分からないことが多い私。
 
~してほしい、と頼まれると、すぐにできるけど、
なかなか自分からチャレンジできない私。
 
 
自分と向き合うために、自ら行える人になるように
神様が私をこの国へ導いてくださったのだろう、と感じます。
 
 
自分が何をしたいのか、本当の内なる声に耳を傾けて
そして
神様が自分に何を願っていらっしゃるのか、もっと悟れるようがんばってみます。
 
 

行ってきまーす☆


ABOUTこの記事をかいた人

外資系勤務を経て摂理で結婚。アメリカで駐在生活3年目☆駐在妻として、暮らしや子育てのことを書いていきます!