やっぱり、純粋なだけじゃやっていけない駐在妻の世界 (涙)

駐在生活も、もうすぐ1年になります。
 
仲の良い友達は100%摂理のメンバーだったところから、
教会からほど遠いこの土地に移り、
メンバーでない人との濃厚な付き合いが始まりました。
 
最初はバランスがうまく取れなくて、
また駐在文化がよく分からなくて戸惑いましたが、
今は相手の人柄も知って接することができるようになり、
だいぶ楽になってきました。
 
でもね、やはり時々苦い体験はありますね。
先日、噂の一人歩きによって、
やっぱり駐在って純粋なだけじゃダメだわ…って思うことがありました。
( ;∀;)
 
 
ある人が、他のある人の “あることないこと” 陰口を言いふらして
仲間外れにしようとしている…ということを聞きました。
 
私は部外者でしたが、悪く言われた方の味方をすることによって
私も悪く言われてしまっていた、という…
 
誰かに何かを言えば、それが背びれ尾びれがついて10倍大きくなって話が回ってゆく…
しばらくは駐在妻と話すのが怖くなりました(;’∀’)
 
そしてね、やっぱり、
噂話って本当に信じない方がいいんだって実感しました。
 
 
嘘ならば、いつかはボロが出るでしょう。
人を悪く言えば、自分もそうされているのでは?という恐れが本人に来るでしょう。
だから、人のことを言うのはやめて、
自分の足りなさは認めて謙虚に直し、神様に集中しよう~って思いました♡
 
 

マタイによる福音書7章3~5節

『なぜ、<兄弟の目にあるちり>を見ながら、<自分の目にある梁>を認めないのか。 <自分の目>には「梁」があるのに、どうして兄弟にむかって、<あなたの目からちり>を取らせてください、と言えようか。 偽善者よ、まず<自分の目>から「梁」を取りのけるがよい。そうすれば、はっきり見えるようになって、<兄弟の目>から「ちり」を取りのけることができるだろう。』

ちり、は小さいです。
梁は、家の上の方にある屋根を支えるところですね。かなりでかいです(笑)
それが自分の目にささってるのに、人の目のチリを取るなんて…できません。
はい、まず自分の矛盾を直します。
 
 
ということで、駐在生活の報告でした (;^_^A
 

良いところだけ見よう~♡

 


ABOUTこの記事をかいた人

外資系勤務を経て摂理で結婚。アメリカで駐在生活4年。駐在妻として、子育て中ママとして、暮らしの中の出来事を書いていきます♡