備えてこそ認める

ハレルヤ♪
摂理の名古屋嬢MiKです☆

お久しぶりになってしまいました(^^;)
新年になってから何かとやることが多く、気づけばもう2月…はやっ。
1日1日しっかり過ごしていきたいですね。

 

さて、またまたマンデーに載せたイラストの紹介をしようと思います。
「備えてこそ好み、認める」
2016年1月3日主日の御言葉「教育と次元」から構想受けて描きました。

 

イラストに描いたこの石、韓国にある摂理の聖地・月明洞に最近運ばれてきたもので、その名も「ヒキガエル石」。
目、口、頭など8カ所が本物のヒキガエルに似ているそう。

1451811882496

うん、たしかにカエルにしか見えない。

この岩から出てきた御言葉が「備えてこそ好み、認める」です。
形象石も、たくさん形象を備えてこそ「似ている」と認めて好むように、
私たちも三位一体の神様に似てこそ、神様たちが好んでくださるとおっしゃいました。

 

以下は聖三位神様のお一方、聖霊様の御言葉。

<形象石>も『いくつぐらい似ているか』を見て好み、認める。<美人>も『何カ所が美人か』を見て好み、認める。
<あなたたち>も「三位一体にどれだけたくさん似ているか」によって三位一体が好み、喜び、価値あるものと見なす。
(摂理 鄭明析牧師 2016年1月3日 主日の御言葉)

 

「三位一体にどれだけたくさん似ているか」って衝撃的ですね。。

ちなみに、目に見える姿を似せる、ということではありません。
この世の誰も、神様の本体を直接目で見た人はいませんが、
神様の姿はあまりにも美しすぎてこの世の最高の美人ともまったく比較にならないそうです。
つまり見える肉の姿を似せるのは、、無理!

似せるのは心、考え、行ない、そしてそれを通して変化する霊の姿です。
心と行ないが神様に似ていけばいくほど、私たちの霊は美しく変化し、神様の姿に似ていくそうです。
肉が不細工でも希望的ですね☆

 

さて、
ここからはお楽しみの裏話←

 

このイラスト描くとき、やけに気合いが入りました。
というのも、何を隠そう私は大のカエル好き。

摂理に来てからはオープンに言ってませんでしたが(特に言う機会がなかったため)、小学校の頃からハ虫類やら両生類が大好きで、大学に入った頃から本当にカエル好きになりました。
(一時期カエルのリアルイラストばかり描いていましたw)

大学の時、誕生日プレゼントで友達から「カエルの写真集」を2冊もらい、

摂理に来てから過去のイラストを含め色々なものを処分したにも関わらず、その写真集は捨てられずに未だに持っています。

でも、摂理に来てからそれを開いたことは1回しかない気がするな…

 

それはさておき、

このイラスト、カエルを描くとき気合いが入りまくってしまい、
「石の形そのままで、本物っぽく!」
と思って描いた結果、


「カエルがリアルすぎて直視できない。」

 

というコメントを数人の女性メンバーからいただきました。。。 orz

 

でも、
私はマスコット系のカエルではなく、本物が好きなんです。

目の出っ張りとか、
腰骨のあたりとか、
笑ってるっぽい口とかetc

この石に関連して、カエルネタでまた書きたいことがあるので、近々書くとします。

全国のカエル好きのみなさん、ぜひ語り合いましょう〜笑

 

MiK