摂理の駐妻☆ Stay Homeで家庭天国へ 食卓編。

3月から学校が休校になるのに伴い、
子連れでの買い物は避けたほうが良いということで
食材の買い物は、主人にお願いするようになりました。
 
 
「美味しいね~」とか褒めない侍系の主人で(笑)
美味しいのかどうかたまに聞いたら
「美味しくないわけじゃない」とわけわからん反応…(;´∀`) 二重否定だよ。
 
思い返せば、レストランでも美味しいね!とかほとんど聞いたことなく、
”美味しい”の基準が非常に高いのだ、ということにしている私です(笑)
 
 
そんな主人に食材の買い物をお願いするようになってから、
買ってきてくるものに笑いを誘われること複数回。
でかすぎるねん…! (左…いつもの。 右…買ってきてくれたもの)
この大きさが売ってるのさえ気づいてなかったよ…(;^_^A
 
 
1回で使い切れるかとか、冷蔵庫のこの部分に入りやすいか、とか考えて買うのに、
まったくもって規格外を購入してきてくれました(笑)
まぁ、大は小を兼ねるから、良しとしますか♡♡
 
 
それでは、今回のメインのお話 ↓
 
主人はアスパラが好きです。
特に、細いアスパラ。
私は太いほうが好きなんですが、ここは譲ることにしました(笑)
でもね、細すぎると、上の柔らかい部分だけ使っても筋が残るんです。
だから、細めなんだけど、細すぎないやつをいつも選んで買っていました。
 
先日、主人がほっそーいアスパラ!を買ってきてくれました。
筋残るだろうなぁって思って料理したけど、やっぱり少し残っちゃって。
 
それを食べた主人が、「これ、筋がある~」って言いだしました。(案の定
そこで、細いと筋が残っちゃうから、細いんだけど細すぎないのを選んだらいいよ、
太いのは皮をとれば筋が残らないから料理楽なの♡と伝えました。
 
返事はありませんでしたが、なにやら納得した様子?
 
こういう何気ない対話も、
買い物に行ってもらうチャンスがあったからこそ、できた話。
 
食材一つを選ぶにも、
鮮度はもちろん、
家族の好みを考えるし、
料理がしやすいかも考えるし、
使い切れる量かどうかも考える。(アメリカは量り売りが多し。)
 
同じ経験をしてこそ、そこに対する考えを共有できるんだなーと悟られました。
 
 
ステイホームは苦労もあるけれど、
それによる新しい発見もありますね。
 
8月半ばまで夏休みが続くから、もうしばらくはステイホームかな。
限定された期間、と思って、
この期間にすべきことをできるようにと祈って取り組みたいです。
 
 
 

ABOUTこの記事をかいた人

外資系勤務を経て摂理で結婚。アメリカで駐在生活4年。駐在妻として、子育て中ママとして、暮らしの中の出来事を書いていきます♡