人間関係と向き合う

この記事を聴く→📻

先週はなんとも気力がなかった。
仕事に行き帰りしてくるのがやっとで、
ほぼ1週間まともにお風呂に入れず、
過食が止められず珍しく夜中にものを食べ、
おそらくまた体重の新記録を更新した。

そんな強烈な反応を起こしている原因は、
今まで逃げていた問題と向き合ったから。

人間関係のことだ。

わたしは人と仲を深めることが苦手。
本当にものすごく苦手。

どうしてかというと、
仲良くなるほど相手の短所に気づいたり、
自分の悪い素が出てきてしまうけど、
その時どうしたらいいのか分からない。
もうひとつは、
相手との境界線の引き方が分からなくて、
仲良くなるとそれがさらに曖昧になるから。
今まで幾度となく失敗して迷惑をかけて、
相手との関係が途絶えたりして、
もうほんとにこりごりだと思っていた。

 

 

最近気がついたことだけど、
わたしは感受性は高いが協調性はない。
周りの雰囲気を敏感に察知するから、
それに合わせられていると思っていた。
だけどそうじゃなかった。

極的に育つ環境が限られてる植物みたいに、
合わない環境で長くは我慢して生きられない。

いくつか具体例を出すなら、
・複数人で同じスペースに居続けられない。
・常に相談しつつ進める作業に長時間取り組めない。
・窓や扉が締め切られている空間が苦手。
など、1人でいる時間が必要。

でも最初に書いたように、
わたしは人間関係の築き方が分からないし、
自分がどうしたいのかに対して鈍かったし、
自分が感じていることは全部間違っていて、
我慢できないのが悪いと思っていたから、
相手と直接話し合うことから逃げて、
今まではなんとなく誤魔化してきた。

だけど職場が変わって小さな環境になり、
人と一緒に過ごす時間がかなり増えた。
最初のほうは我慢ができていたけど、
だんだん抑え切れなくなり、
相手に対して圧を与えてしまっていた。
ついに先週それを指摘してもらったので、
勇気を出して話し合った。
そしたら新たな発見があった。

自分はこれが苦手だとか、
こうしたいと伝えるのは悪くないし、
むしろ言わないと相手は、
どうして欲しいか分からず困ること。

我慢することはいいことじゃない。
疑問に思ったら相手に聞いてみていい。
相手と対話をすることが大切なこと。

当たり前のことかもしれないけど、
自分の本音を話しても無視されず、
怒られず、受け止めてもらえた、
とっても貴重な経験ができた。

さらに、
1人で作業するスペースももらえ、
休憩の仕方が分からないと伝えたら、
アイディアをいくつかもらえた。

感じたことを大切にしていいんだと、
実感を持つことができてよかった。
実際にやってみることはすごい。
現状の自分をまた好きになれた。

慣れないことを頑張ったので、
グダグダになってても自分を責めず、
むしろたくさん褒めてあげよう。

アイコンをあたらしくしました!


ABOUTこの記事をかいた人

HSPな個性を生かすライフハック、看護師をしながら感じたこと、日常のことなどを書いてます。写真と時々イラストも。