人への承認欲求の不安定さ

このラジオを聴く→📻

揺るぎない自信がほしかったし、
堂々とした自分になりたかった。
そのような人を羨ましく思っていた。

けれどそれは時に欠点にもなる。

直すべきところが見えなくなる。
自分以外の人を見下すようになり、
それで自分の位置を守っている。
相手を想っているように見せかけて、
自分をよく見せることが先だったり。

言葉と行いは一致しないこともある。
根本の動機がそもそも違ったり、
過去の栄光を繰り返し持ち出したり、
自分に全ての関心が向いていたりする。

逆に自信がなかったとしても、
自分をもっと成長させたいと考えて、
直すべき箇所に目を向けられるなら。
相手の話しをちゃんと聴いて、
相手の心を受け止められるなら。
あとは自分自身を傷つける、
思考の歪みさえ直せたなら。
格好いい人だと言えると思う。

 

 

わたし自身を振り返ると、
自己肯定感がとても低いので、
人に認めてもらいたくなる時がある。
自分がやったことを人に見せて、
褒めてもらいたくなる時がある。

けれどそっちは底なし沼だ。
褒められても褒められても、
心が満足することがない。
むしろひたすら心が乾いていく。
他人に自分の評価を求めても、
人によって言うことは大きく変わり、
全員から好かれることも不可能だ。

結局は人間に寄り掛かることは不安定だ。
絶対的な存在が必要だということが、
どうあがいても揺るぎない事実だと思う。
自分の価値を正しく評価できる人はいない。
自分自身でさえできないのに。

ハリボテの仮面を被るよりも、
素の自分のままで進んでいきたい。

そして揺れない自分軸を確立したい。

 


ABOUTこの記事をかいた人

HSPな個性を生かすライフハック、看護師をしながら感じたこと、日常のことなどを書いてます。写真と時々イラストも。