紙一重

この記事を聴く→📻

わたしはPMSの症状がとてもひどい。
1ヶ月間の答え合わせのようなこの数日間、
制御できない鬱症状と焦燥感にもみくちゃになる。

食事を気をつけなさい。
どこかでそう読んでから、
やりすぎなくらい気をつけたけど、
頑張りに対して症状が軽くなったとは
そこまで感じられなかった。

このしんどい気持ちも、
時がきたら嘘のようになくなって
「なんだったんだろうあれ」
という感じで流れていってしまう。
終わってみればなんてことない。
でも渦中にいたら到底そんな風に思えない。
終わった後のわたしがボロボロのわたしを見て、
またかよって呆れて笑ってる気がする。

わたしだって平坦なメンタルならどれほどいいか!
なにも感じたくないし、考えたくない。
でも考えを止めることはできない。
色んなことを深く考えすぎる性質が、
生きる妨げになっている気さえしてくる。

 

 

これはわたしの予測だけど、
ひと月に受けるストレスが多いのだと思う。
情報を選別するフィルターが機能していない
わたしの心に、あまりにも情報や感情が
入ってきすぎているんじゃないだろうか。
自分の性質的に仕方ないのもあるだろうし、
情報を受け取るわたしの考えの偏りが、
状況をより悪く捉えてしまって、
実際より大きく受けたものもあると思う。

わたしはわたしを大切にすることにしたから、
涙が止まらなくなる時もあるけど、
「大好きだよ」って繰り返し言ってあげながら、
自分のためにお風呂を沸かしてあげたり、
丁寧にボディークリームを塗ってあげたり、
アロマオイルを香らせてあげたり。
好きな本を読んだり。
もがきつづけるしかないからこそ、
少しでも和らげられたらいいなと思う。

世間一般的にも人の心情がよく分かる人は、
気遣いもできるが、気苦労もたくさんし、
精神の病になる人がたくさんいるだろう。
ただ受けるのだけでは駄目だ。  
正しく分別する能力を身に付けなければならない。
啓示の御言葉

そして、外からの刺激を受けやすいなら、
なおさらお祈りをしっかりしなければ。
続けてお祈りするのが正直苦手ですが、
自分の考えがしっかり守られていてこそ、
人の心の中にも入っていけると思うので、
努力してみようと思います。

 


ABOUTこの記事をかいた人

HSPな個性を生かすライフハック、看護師をしながら感じたこと、日常のことなどを書いてます。写真と時々イラストも。