自分を虐待するのをやめた

この記事を聴く→📻

 

今まで書いた記事を読み返してみました。

そしたら自分のことを愛らしく思いました。

この時は解決した!と思って書いたことも、

実際はもっと根深い問題が隠れていたり。

でも神様と一緒にひとつ乗り越えて嬉しくて、

文字にして書き起こしたんだろうなあ。

 

今までたくさん自己分析を繰り返しながら、

自分を直してきたつもりだった、けど。

その根本は長所を伸ばすためというよりも、

わたしの短所をありったけ掘り出して、

 

「ほらここ、全然できてないね。」

 

「こんなこともできないんだね。」

 

と言い続けて自分を虐待していました。

友達には絶対に言わないひどい言葉を、

自分には容赦なくたくさんぶつけてきた。

でも全然自分では気がついていなくて。

 

 

神さまに頼ることも、

知ってるはずなのにできてなかったです。

人にも神さまにも頼ることが怖くて、

心から委ねることができませんでした。

 

親に心を許せなかったからとか、

過去にトラウマがあるからとか、

色んなことを考えてみたんですが、

結局は御言葉で何度もいうように、

自分の考えが根本の問題だと悟りました。

 

「自分に価値がない」と洗脳したのは、

考えに刷り込んだのは、自分だったのです。

 

どれだけ神さまがわたしのことを愛していても、

友達がわたしを大切にしてくれていても、

わたしが勇気を出して何かをやり遂げても、

底にぽっかり穴の空いた鍋みたいに、

なんにもなかったことにしていたのは、

まぎれもなくわたし自身でした。

 

気がついた時、今までよりもっと深く、

神さまと自分に申し訳なく思いました。

 

考えの偏りがあると気が付いたから、

自分への言葉に気をつけ始めました。

 

 

ある日、

鏡に映る自分がにこっとしました。

それを見たらわたしの頭の中に、

自分のいいところがたくさん思い浮かんで。

 

「もしこういう人が近くにいたら、

わたしは友達になりたいなあ。」

 

という考えがふっと降りて来ました。

その考えに、心がじーんとしました。

 

自分にそう思えたことがすごく嬉しくて。

神さまを信じて、御言葉を信じて、

自分を諦めなくてよかったと思いました。

 

神さまがいなかったら、

一生わたしは誰にも心を開くことなく、

自分にこんなにいいところがあると知らず、

狭くて歪んだ考えに篭ってたでしょう。

正直いうと生きてたかも怪しい。。

 

でも、無条件自分を愛してくれる存在を

先生が御言葉で教えてくださったから、

神さまとわたしが出会うことができた。

 

自分の考えの歪みにもがきながらも、

一所懸命に御言葉を学んでついていって、

周りの人や環境を通しても、

惜しみなく助けてもらいながら、

今ここまでこれたなあと思います。

ほんとうにたくさん感謝を返したい。

 

 

解決したとかいって、

またそのへんの小石につまずいて、

転んで泣いてたりもすると思いますが。

 

すかさず神さまに助けを求めて、

あらいざらい自分のことも話して、

不安なことも神さまに委ねながら、

また起き上がって進みたいと思います。

 

こけたことは、必ずなにかの役に立つはず。

 

摂理で自己磨き、おすすめです。

 

 


ABOUTこの記事をかいた人

HSPな個性を生かすライフハック、看護師をしながら感じたこと、日常のことなどを書いてます。写真と時々イラストも。