いらないものさし

 

最近、人と比較しそうになったら、
「比較してるよ〜」と自分に声をかけています。
そうするとまあまあ心が楽になったので、
続けていたら腑に落ちたことがありました。

わたしは小さい時から、
「自分は普通じゃない、なんか変だ。」
と思い続けてきました。
なので人を基準にして「普通」をコピーすれば、
普通に振る舞えるはず!と思いついて、
人と自分をものさしで測りつつ行動していました。

わたしはたくさん人が集まる場が苦手です。
どうしてればいいのか分からなくてオロオロ。
おそらく基準にする人が多すぎて、
このテンションに合わせるとあっちと合わないぞ?
みたいなことが起きて固まっちゃうのかなと。

いや、自分の好きにしていいのでは?
ってわたしもそう思います。
だってほんとは「普通」って存在しない。
みんなそれぞれ違う個性を持っていて、
同じ人生を送ってきた人はいない。
でも以前書いた敏感な気質に加えて、
昔に思い込んだことを引きずっていたことで、
何重にもややこしいことになっていました。

 

神さまの御言葉を実践してひとつ直す。
その小さな繰り返しで、
以前より自分を好きになってきたと思う。
自分だけが持ってるいいところを伸ばすために、
いつも御言葉のものさしで測って生きていきたい。
…気づくと人に合わせてるからその都度直そう。

 

直したい性格を無理やり変えようとするよりは、
自分はどうしてそう考えるようになったのかな?
と掘り下げてみるのもいいのかなあと思いました。
結果として表面に出ているものだけじゃなくて、
もっと深く分かってあげつつ、自分に寄り添えたら。

 

お友達がすてきなドライフラワーを
プレゼントしてくれた🌿

 


ABOUTこの記事をかいた人

HSPな個性を生かすライフハック、看護師をしながら感じたこと、日常のことなどを書いてます。写真と時々イラストも。