自分と人との境界線の話。

 

わたしはHSPと呼ばれる、繊細で敏感な性質を持っています。

これは病気じゃなくて身長が高い低いとかと同じで、生まれ持ったものです。

そしてその性質を持った人は自分と他人との境界線が曖昧になりやすいと言われています。

 

人が機嫌が悪そうなのを察知し「なんで機嫌が悪いんだろう?わたしが何かしたんだろうか?どうしたら機嫌がよくなるだろう?」と、自分がその人の機嫌をどうにかしなけれないけない気持ちに駆られます。

その人に何があったかなんて、本人に聞いてみなければ分からないのにね。

口内炎ができて痛いだけかもしれないし、ガスの元栓を閉め忘れた気がして思い出してるだけかも。

 

相手が悩んでいる話を聞くと、自分も同じレベルで悩まないといけない気がしていつまでも真剣に話を聞いてしまうし、

職場の人とは全員と仲良くならないといけないと思い、苦手な人にわざわざ近付いて話しかけたりしてしまう。

気付いたらエネルギーを全部使い果たして休日に寝たきりになります…。

そんな毎日全力で気を使ってたらそりゃあすぐガス欠になる。しかもその苦しい気持ちを神様にさえ話せないんです。

神様が人を愛するようにわたしも愛して差し上げたい、という思いもありました。

 

でも最近また気持ちが地の底まで落ちてしまい、職場で笑顔が作れず、日常生活がままならないとこまでいきました。

言葉に表せないくらい心が苦しかったですが、そうしてたらやっと自分の本音がたくさん聞けました。

「わたしは相手の気に入るようにしないと愛されないと思ってやってきたのに、なんであの人は素のままなのにそんなに好かれるの?ずるい!」

「職場の人を大切にしたいと思って接しても、影で悪口を言われる。だったらもう大切にしたくない!」

「みんな自分の人生を生きているから、そこをどうにかしなきゃと思うのはある意味、高慢なのでは?」

「度を越して相手に踏み込んでいってなかっただろうか?」

やっぱり、なにか有益なことが出来てこそ愛されるという考えが残っていたことが分かったし、自分が少なからず見返りを求めて相手に接してたことも知れました。

 

そして無理して相手の機嫌をとるのはやめようってやっと決心できました。

 

自分と相手との間に線を引くのです。その人の人生の責任を取るのは本人と神さまだから。

突き放したい訳じゃなくて、気を付けないとすぐ人と自分が混ざってしまう性質だから。

人の気持ちを察知し寄り添えることは長所ですが、使いすぎてエネルギーを浪費し倒れてしまうのを繰り替えるのはよくありません。

 

神さまは人間を作ってから、何回裏切られて、心を痛めつけられながらも、それでも人間を無条件の愛で愛してくれている。

そんな神さまの人間への愛を思うと、やっぱり神さまの次元まで到達するには、まだまだ遠い道のりだなあと思いましたが、不思議と今は希望的な暖かい気持ちです。

 

神さまから愛されている自分を大切にするところからやってみよう。

自分の人生を、神さまと共に生きなければ。

 

もうすぐあじさいも終わりですね。


ABOUTこの記事をかいた人

看護師をしながら感じたこと、HSPな個性を生かすライフハック、日常のことなどを書いてます。写真と時々イラスト。