自分の敏感さの話。

日常生活にお仕事にさまざま
自分の役割を果たしているみなさん。
とっても頑張って、頑張って
いるんじゃないでしょうか
ほんとうにおつかれさまです🌷
 
季節も移り変わりますし
体調に気をつけつつ
暖かいものでも飲みながら
ほ〜っと癒されますように。
 
 
お家の外にはたくさんの刺激があります。
いろんな音、物、お仕事、人、、、
それらと接しながら生きて行くのは
もちろん避けられないことです。
それに人と話し意見を交換したり
色んなものを見たり聞いたりすることは
自分に有益なことも多いですよね。
 
でもそれが人よりすこし苦手だったり
ストレスの要因になりやすかったり
つい自分の中に刺激を取り込みすぎて
疲れてしまう個性の人がいます。
本屋さんにもそれに関する本が出ていて
「内向型」「敏感な人」「HSP」

などの表現がされているかと思います。

わたしはずっと自分の違和感に悩んでいて
最近やっと認識したところなのです。
 
自分の敏感さの度合いをチェックできる
診断テスト→https://hsptest.jp
 
 
 
わたしの場合はですが
人と会ったり人混みの中で活動すると
すごい速度で体力が減っていきます。
人前で何かを発表することなんてあれば
終わった後はしばらく疲労感で寝込み
家事が何もできなくなりました 笑
 
お仕事や外出が続いたら
1人でお部屋にこもる必要があります。
人と会うことが嫌いな訳ではないので
充分に1人の時間で休息ができたら
お友達や家族に会いにいきます。
大人数より一対一のほうが気持ちが楽です。
また、好きなことや興味があることは
ご飯も食べず一日中やり続けたりします。
人の気配や雰囲気を敏感に感じ取ります。
 
摂理に導かれてから
みんなの前で話したり歌う人を目にするし
人と話したり大人数で活動することを
今までより多くするようになりました。
 
人前でも堂々と話せたり活動的な
自分にないものを持っている人をみて
羨ましい気持ちでいっぱいだったんです。
「このような姿こそ素敵だ!
自分はだめなんだ変えなきゃ」と思って
間違った方向に努力していました。
 
そんな中でも
御言葉で個性に関するものを読んだり
本を読んだり同じように悩む人と話をしたり
時には泣きながら神さまに祈ったりして。
何年もかかってしまったけど
この個性が消したい短所ではなくて
わたしなんだとやっと認識したところです。
 
そしてこの個性に対する工夫を
「人よりできないから」
という考え方でやるのは違います。
 
ドラクエに例えてみますと
MPは0だけど接近戦が得意な人に
杖を持たせて何もできなくても当たり前だし
 
強力な回復魔法を使えるけど
戦い向きじゃない人が
剣で戦って死んでしまったら
なんの意味もないよみたいな。
 
人間肉体はみんな同じ作りだけど
神さまがひとりひとりを作った時に
与えてくださった個性は千差万別で
長所も短所もさまざまなんです。
短所を見て自分を卑下する必要は
全くありません!と
自分に言いきかせています笑
 
それでも
なぜ自分はあの人みたいじゃないのかと
本当の自分を下に見たり隠そうとしたり
無理やりなんとか取り繕って生活して
疲弊してしまう人もいるとおもいます。
そもそもわたし自身がそういう人だし
自分と向き合うキャンペーン中です。
 
ブログをまた書き始めたのも
喋りで自分の考えを伝えるのが苦手だから
まず文章でやってみようと思ったからです。
記事を書いていくことで
わたしと似ている個性を持ちながら
同じように悩んでいるひとが
張り詰めた気持ちを緩めて
自分を愛するきっかけになれば
とっても嬉しいなと思っています^^
 
森林浴したいなあ。。
 

ABOUTこの記事をかいた人

看護師をしながら感じたこと、HSPな個性を生かすライフハック、日常のことなどを書いてます。写真と時々イラスト。