自分の価値性を回復したい話。

きいてください、最近夢をみたんです。

なにかイベントごとの終わりのような場面で

牧師先生がいて

みんな並んでお別れの挨拶をしていました。

わたしの番が来て前に立つと

韓国語でなにか言いました。

隣に通訳の人がいたので(グッジョブ!)

訳をお願いすると

 

「なにかあったらいつでも電話しなさい」

 

という意味で

すごく嬉しい気持ちでその場を後にする

という内容でした。

 

目が覚めてすぐに夢の内容を携帯にメモしながら

そういえばわたし、すこし前に

「王のような神さまの姿は感じられるのですが

生活で共にしてくださる神さまが

どうも実感できなくて

むしろ共にしてくださっていると考えると

緊張してしまいます。」

と神さまに話していたなと思い出しました。

 

夢の中で、牧師先生の姿をして現れた神さまは

ぜんぜん威圧的な雰囲気ではなくて

親しみがあって暖かい感じがして

ほっとするような感じがしました。

 

この内容を同じ教会の人に話していたところ

自分が神さまに愛される価値がある”

って実感してたら感じ方も変わりそう。

という話が出て、それがなんか目からウロコでした。

 

聖書を学びながら「価値性の回復」

ってキーワード習います。

神さまの歴史が旧約から進んでいくにつれて

神さまからみた人間の立場も回復していて

現在、神さまに最高に近い

“新婦”として接することができます。

でも、自分のことを新婦だと思えなければ

しもべや子供の立場のまま神さまに接するだろうし

わたしが自分の価値をどのくらい実感できていて

どの立場で神さまに接しているのか点検することが

すごくすごく必要だなと感じました。

(もちろん神さまを悟ることも

 努力する必要があるけれど)

 

わたしは特に、自分を卑下する癖を直し途中なので

なおさら頻繁に点検しようっ

 

御言葉を聞いていても

人生を生きる中で悩み事は出てくるし

むしろ

足りない自分に落ち込むこともあるのですが

御言葉で、目には見えない

神さまの考えを知ることができて

御言葉と自分を照らし合わせて

自分にある矛盾を見つけ

試行錯誤しながら

もっとよく自分を作ることができて

ほんとうにうれしくて、感謝な毎日です^^ 

今年の夏は、桃をたくさん食べました◎


ABOUTこの記事をかいた人

看護師をしながら感じたこと、HSPな個性を生かすライフハック、日常のことなどを書いてます。写真と時々イラスト。