ガジュマル ✕ 人生ではじめて値切った話 ✕ 詩を書いてみた『おいで』

近所のお花屋さんで出会ったガジュマル。

 

どうしても目が離せず、

何度も何度も繰り返し見ながら、

「いやいや、私の部屋には似合わないです神さま」

と言っていったんは帰ったものの。

 

やっぱり気になって、植え替え用の鉢も買って

再度来店。

 

また何度も何度も見て、

手にとって、

近くからも遠くからも見て、

 

「¥3980は高いです聖霊さま。

そしてやっぱり私の部屋にはマッチしないと思うんです。

それよりはこっちのやつのほうがよさそう…(ゴニョゴニョ)」

 

でもやっぱり気になる!

これは聖霊の感動だ!

 

「わたしは積極的に欲しくないけど(←)、神さまがほしいなら買います!

根っこの形象は素敵だと思います。

でもやっぱり¥3980は高いです。」

 

と考えていたら

 

『神さまの適正な価格で買えばいい。値切りなさい。』

 

という考えが(笑)

 

 

「わたしの性格的に値切るような人じゃないんです。

控えめだし。(というか度胸がない。)

私の口を使って聖霊様が話してください。

そうしたら値切れます!」

 

あれやこれやと考えていたら、

 

「それかわいいですよね〜〜」

 

と店員さんが近づいて声をかけてくれたではありませんか!!

 

 

機会到来!!

 

 

私「かわいいんですけど・・・値段が・・・高くて買うのをためらってます。」

 

店員さん「そうですよね〜大きいですからね^^」

 

私「・・・・・・(察してくれないかな…)」

 

私 ✕ 店員さん「「・・・・・・・・・」」

 

私「・・・マケてください!!」

 

 

言った・・・・!!

 

 

店員さん「ちょっと確認してみますね〜〜」

 

 

と言ってもう一人のベテラン店員さんに相談しに行かれました。

 

 

ドキドキ・・・・・

 

 

 

店員さん「¥3000が限界だそうですが、それでもよければ^^」

 

 

 

 

(´;ω;`)

 

 

 

神さま、やりました!

私人生ではじめて値切って成功しました!

神さまの御働きやーーー!!

 

 

 

購入。

 

 

 

家にきたガジュマルくん。

 

 

教会の友達ぽあちゃんが見て「チコリータみたい」って言ってました。

 

画像参照:ポケモンだいすきクラブ

 

うむ。確かに。

 

 

ガジュマルは、「多幸の木」「幸せを呼ぶ木」と呼ばれているそうで、

花言葉(木言葉?いや、でも春には花も咲くらしい!)は 「健康」!!

 

 

私に必要な木であることは間違いない。

 

 

カジュマルくんを買ったことを記念して詩を書きました。

 

『おいで』

 

ひと目見た時から

気になって仕方がない

他のどんなものを見ても ものたりない

不思議な形

まるで人間のよう

力強く伸びている根が

大地をしっかりと踏みしめている

生命力あふれる姿に惹かれたのです

あなたでなければいけない

わたしのところへおいでなさい

わたしの宮においでなさい

最高にいい位置においてあげるから

大切に大事にして

愛してあげるから

2018年10月26日 Stella

 

自分の考えをおいて、神さまの考えで買った経緯のある木だから、

貴重なガジュマルくんです。

 

御心はいかに。


ABOUTこの記事をかいた人

今年の春から養護教諭として働いています。好きなことは、料理・お菓子づくり。スーパーの買い物。はじめての一人暮らしに日々奮闘中。岐阜人です。